2019年11月18日

アトピー性皮膚炎の治療薬 デュピクセントの手応え



アトピー性皮膚炎の新しい治療薬として登場したデュピクセント。
2週間に一度の注射で、過去になかったほどの炎症を鎮める効果を
発揮しています。


(治療詳細は公式サイトをご覧ください。
 https://www.support-allergy.com/atopy/



今年から、2週間に一度の通院をしなくても
自宅で自己注射をすることも保険適応になりました。



その変化を受けて、当院の役割もはっきりしてきたように感じます。




1)重症の患者様へのデュピクセントの紹介
  案外、まだ存在を知らない方も多いように感じます。


2)入院体制のバックアップのある病院へご紹介
 診療所レベルでも治療はできるのですが、念の為、デュピクセントに対応している病院の皮膚科へご紹介しています。
 最もご紹介をして連携をしているのは、兵庫医大病院皮膚科です。


3)デュピクセント治療中の連携
 兵庫医大病院の場合、先方の主治医の先生の意向もあり、デュピクセントを開始した患者さんの皮膚の状態の管理と外用剤の塗り方指導などは当院が引き続き行なっています。注射治療中の不安をお聞きしたり、セラビーム紫外線治療を当院で行なったり、最初はステロイドの処方もすぐに中止せずに続けます。



4)デュピクセントの効果を目撃する
 デュピクセントが効果を発揮するまでに、数回の注射が必要です。しかし、初回で効果の手応えがわかることもあります。暗紫色だった肌が明るい赤色になるのですが、これは炎症の深さが浅くなった時の変化です。

 兵庫医大の主治医の先生もご信頼してくださっているご様子なので、当院の方で外用剤の強さを減弱させたり、セラビーム紫外線の出力を下げていき、寛解状態へソフトランディングしてもらえるように加減します。



5)自己注射が始まって、さらにバックアップ
 デュピクセントで、今までに経験したことのない良好な肌の状態に驚かれる患者様もおられます。
「普通の人って、こんなに痒みがない生活なんですね」という意見や
「何も塗ってないのにべたつくように感じるくらい本来の肌の保湿力ってこんなにあるものなんですね」
 などのご意見を実際にいただいております。



6)デュピクセントの評価
 デュピクセント治療は、現在のところ根治治療ではないと考えられています。何回か注射したら、一生アトピーが出なくなるわけではないかもしれません。しかし、今現在アトピーがあるためにできないこと、例えば就職や旅行やおしゃれ等を
これからも諦めるのか、それとも今という若さの時間をもったいないと考えるのか、それは患者様のお考えに委ねられています。



スクリーンショット 2019-11-18 10.41.56.png





当院は、これからもバックアップの役目を続けて行くつもりです。
ご興味のある方は、どうぞご相談ください。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:44| アトピー性皮膚炎

2019年11月12日

11月19日、午後のみ休診いたします。





11月19日、午後のみ休診いたします。
午前は通常診療です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。



Nov.jpg








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:20| 医院からのお知らせ

2019年11月08日

おでこのシワと眼瞼下垂の問題。




眼瞼下垂とは、
まぶたが垂れ下がり、目が開きにくい症状を広く指します。

Depositphotos_30458469_s-2019.jpg






眼瞼下垂があると、見えにくい目でものを見ようとした時に、どうしても広く見開いてものを見ようとします。

Depositphotos_12760580_l-2015.jpg






この時の目の状況ですが

zentou2.jpg





目を開くためには、眉毛ごと、たるんだまぶたを引き上げねばなりません。

zentou3.jpg





この眉毛を挙げているのは、おでこにある薄い筋肉「前頭筋」です。
これを、キュッと収縮させるのです。

zentou5.jpg





皮膚の下はこうなっています。前頭筋が収縮すると眉毛が上がって、その力でまぶたが持ち上がるのです。

zentou4.jpg





この表情をずっと続けていると、額に横ジワが刻まれる結果となります。

zentou7.jpg






目の皮がたるんで開きにくくなることが、おでこの横ジワを深くするのです。
















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:43| ボトックスビスタ

2019年11月05日

パッチテスト Q and A




パッチテストの流れを公式サイトに書いていますが、細かい疑問にお答えします。
公式サイトのパッチテストの記事はこちらhttps://ashiya-kakimotoclinic.com/service/dermatology/allergy-test/




Q1)
パッチテストのタイムスケジュールは?何日かかりますか?
A1)
初日 背中に調べたいものを当院で貼ります。一度に50品目以上検査する人もいます
48時間後 背中に貼っていたものを当院ではがします。
72時間後 当院で判定。(つまり 3 回受診が必要。)

合計3泊4日間、ご自宅で汗もかかず、背中は洗わずにすごしてください。
厳密な検査なので、外出で汗ばんだり剥がれないように万全の態勢で臨んでく ださい。
ベストシーズンは真冬です。


Q2)
予約は必要ですか?
A2)
パッチテストをする日の予約は必要ですが、その前にもあらかじめ、パッチテストの注意事項をお話しするのに30分ほどの時間が必要です。
そのため、パッチテストをしたい日程よりも2週間ほど前にお越しください。


Q3)
どんなものを重点的に調べたらいいですか?
A3)
多くの場合、顔や頭皮に症状が出ているはずです。当院で行なった過去のパッチテストの結果を見ても、最も原因として多いのは洗顔とシャンプーです。
もし、ご自身で使っているシャンプーや洗顔が陽性反応(かぶれるもの)だった時のことを考えて、あらかじめ他のメーカーの製品も検査しておくことをお勧めします。


Q4)
調べたもの全部が陽性(かぶれるもの)だったら、どうなりますか?
A4)
使っても大丈夫なものが見つからなかったので、再度検査が必要です。
何回も検査を繰り返す方もおられますが、少ない回数で済ませるためにも、最初の検査の時に多くの製品を準備してください。


Q5)
検査で陽性だったものを、1年くらいしたら使えますか?
A5)
まず、またかぶれます。



Q6)
背中に貼ってから判定までの間、お風呂は入れますか?
A6)
貼った部分を濡らさなければ入れます。
例えば下半身だけシャワー浴とか、美容院で洗髪してもらうなどの工夫が必要です。


Q7)
検査中の服装はどうしたらいいですか?
A7)
着替えの時にテープが剥がれやすくなる服装は適しません。前あきのワイシャツのようなものが適しています。
密着した化学繊維の下着や、セーターなどは適しません。




Q8)
本当に大変そうな検査ですね、検査をすることを避けたいのですが。
A8)
はい、患者さんも大変ですが、当院スタッフも担当するのに熟練の技を要求されますし、患者さんへの説明や当日のテープの用意など、本当に大変な検査です。(そのため、パッチテストを行えない医院や病院が増えています。)
もし、今までどんな治療でも治らない状況で、「どうしてだろう」「原因を特定したい」と考えるならば、最適な検査です。



Q9)
何曜日からでも始められますか?
A9)
決まっています。
火曜日スタート、木曜に剥がして金曜日に判定。
または
土曜日スタート、月曜に剥がして火曜に判定。

この2コースです。



Q10)
パッチテストをどうしても受けたいです。パッチテストの説明を聞くのに予約は必要ですか?
A10)
まずお電話くださって、パッチテストをしたいとお伝えくださった上で診察の予約を取ってください。パッチテストの予約の前に入念な打ち合わせが必要ですので、当院サイドもその時間の確保が必要になります。どうぞご協力ください。また、説明を聞いて、パッチテストを受けないことも可能ですので、ご安心ください。
(2019年11月7日追記)





IMG_4149.jpg
庭のさざんかと石蕗(つわぶき)。秋が深まってきました。



posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:37| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年10月31日

もうすぐ移転6ヶ月。自己講評してみました。



5月7日に春日町に移転してきて、半年が過ぎようとしています。
率直にこの6ヶ月を振り返り、気づいたことを書いてみます。



1)診察はとても行いやすくなった。

 素晴らしい建物、とお誉めいただいていた前クリニックは、現在は、日本の医療界を引っ張る素晴らしい企業がオーナーです。そのような企業の建物としてはぴったりの名建築ですが、私のような一人医師にとっては実は診療室は非常に診察がしにくい環境にありました。

天井高が5mほどあったので、そのせいで様々な問題が生じていました。

・)声が反響して聞き取りにくいので、大声を出さねばならず、穏やかな診療になりにくい。
・)天井に埋め込んである空調のコントロールが難しく、夏暑く冬寒い。
・)とても広い四角い部屋なので、初めての患者さんが緊張してしまう。過緊張からの診察は患者さんも疲れる。
・)待合室から診察室までが遠いという苦情を何度も受けていた。


今の医院では、これらは全て解消されました。

・)大きな声でなくても届くので落ち着いた診療ができ、初めての患者さんも安心されているように感じる。
・)建物は、建造された頃から私が憧れていた総タイルの名建築で入居できて嬉しすぎる。
・)安い建材が席巻する前のどっしりとした工法で防音や熱遮断効果も高い。
・)元は2階にあったエステ施術部門を私の診察室の真横に設置したので、目が届きより連携は緻密に。
・)駐車場が目の前になったのも嬉しいことでした。2時間無料で対応できています。


2)現在のところ、まだまだ余力発揮できていない部分がある。

・)以前の医院で行なっていた皮膚外科手術の相談件数は、去年より減。同じクオリティーの手術ができる環境ですので、ご安心ください。
・)アトピー性皮膚炎を始め、一般皮膚科の相談件数は去年より減少。その分以前よりゆっくり診療できているのでは、と思います。かわいい
・)アクセスに慣れていただくのに、もう少し時間が必要かもしれません。自家用車での通院はとても便利になりましたが、徒歩の方、電車の方は、また、エレベーターがないので2階まで上がっていただくのに支障のある方にはご不自由をおかけしております。お電話くださると1階までお迎えに行っていますので、どうぞご連絡ください。




3)美容部門はご相談が予想外に増えた。

・)移転後は、以前に一度でも美容施術を受けていただいたことのある方のみ、美容施術をお受けしてきました。その理由は、ヒートマスク導入のベッド数が減ったこととでした。ベッド数とは関係のない、レーザーやボトックスやヒアルロン酸も、新しい地区の皆様にはご紹介を控えていました。
・)しかしながら移転以来、メディアでご紹介いただける機会が増えて、以前に施術させていただいたことのある方々が久しぶりにお手入れを再開されために多く戻ってこられました。
相談内容で多いのはヒアルロン酸注入、ボトックス注入、特にライトボトックスは好評です。そしてヒートマスク導入。移転前よりも施術の方の件数は増えています。
・)分析すると、今の医院の秘密めいた隠れ家のような立地がいいのかもしれません。



以上のような6ヶ月でした。
皮膚のことなら、頭皮から足の爪まで、診療しております。久しぶりに覗いてみようかな、という皆様、スタッフ一同どうぞお待ちしております。





IMG_2949.jpg









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:17| 医院からのお知らせ