2018年10月19日

顔のイボはレーザー照射までしなくてもいい場合が多い。




こめかみ等に多発する脂漏性角化症は
別名、老人性疣贅(老人イボ)とも言われ、
街でも本当によく見かける疾患の一つです。





E382BCE3839CE382B1E383A9-thumbnail2.gif







当院では、皮膚癌の疑いのあるものを除いた典型的な脂漏性角化症には
液体窒素の治療をまず行います。






1液体窒素で凍らせた綿棒を圧抵します。



クリオ1.gif


その日から洗顔も可能で、ガーゼも必要ありません。







22週間ほどすると赤黒くかさぶたになります。



クリオ2.gif







3しばらくするとかさぶたが剥がれ落ちます。



クリオ3.gif









液体窒素の跡は、脂漏性角化症の残存部が残っているので、うっすら黒いのですが
ボコボコした隆起がなくなり、スッキリ見えます。
男性の場合、ここで終了となる肩がほとんどです。






女性も、多くの方が、「あとはメイクで隠します」と言われますが
もっと白くしたい場合はQスイッチルビーレーザーで、取るかどうか、となります。
(相談になります)





液体窒素治療は、来院時その場でできます。
保険点数3箇所まで220点(3割負担で660円)の施術料です。

























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:15| しみとりレーザー治療

2018年10月18日

10月後半の紫外線・注射のスケジュールです。






10月.gif
posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:02| 医院からのお知らせ

2018年10月16日

明日10月17日(水)は休診です。今夜は代表戦です。






元々水曜日は予約の方だけの診療日ですが
明日は全館休業させていただきます。

悪しからずご了承ください。


さて今夜はサッカー日本代表の試合があります。




wp_1024.jpg




Jリーグ大好きな私も、
我がチームのキャプテンが代表に召集されているので
代表の応援にも熱が入っています。

今夜はスタメンではなさそうですが、途中出場があるでしょうか。
楽しみにしたいです。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:59| 医療以外のつぶやき

アクセス数と比例して爪白癬のご相談が増加中。




当院のこのブログも、私が気楽に運営しているとはいえ、
アクセスの傾向を時々は確認します。

日記形式の記事は、1990年ごろに始めたはずでで、
診療のある日は、何らか更新するようにしています。

今までに最大のアクセス数は1日で2万アクセス超え。
そのため、あまり自由なことも書けなくなりました台風



どなたがアクセスしたかは解析不可能ですが、
過去のどの記事にどれくらいの方がアクセスするかは見ることができ、


不思議な傾向もあったり。



この夏は首のイボの検索にかかった方が多かったのですが、
10月に入って、爪白癬の記事へのアクセスが増えているようです。



そのせいか、実際の患者さんも多いように感じます。




爪白癬.gif






爪白癬の診療の流れ



1来院時、問診票に記載してください。
2ストッキングやタイツはあらかじめ化粧室でお脱ぎください。

3診察室で、両足の靴を脱いでベッドに上がって下さい。
4爪白癬の患部の写真を撮ります。

5真菌検査をする為に爪の一部を取ります。
6一旦靴を履いて、診察室から出ていただきます。

7とった爪の一部を苛性カリで溶かして顕微鏡で真菌を探します。
(苛性カリに漬け込む時間が長いほど見つけやすくなるので15分以上かかる時もあります。)

8再度診察室に入っていただき、真菌検査の結果をお伝えします。
9真菌が見つかった時は、爪白癬の治療を開始します。

10内服治療にするか、外用だけにするか、メリットや副作用もお話しして治療方針を決めます。






私が医師になった頃と比べ、新薬も次々出て、爪白癬は治る病気になりました。
諦めずにご相談ください。














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:12| 足・爪・靴に関する疾患