2016年12月05日

理想の靴、要注意の靴。その1



予告通り、理想の靴をお話ししましょうと思いましたが
同時進行で、要注意な靴もお話ししたいと思います。



関連記事 「足・爪・靴に関する疾患」



まずは、足の指にトラブルが起こった時に、よく皆さんが
「このペタンコ靴なら大丈夫だろう」
と、選択しがちな

「バレエシューズ」


6d5d9b0343761467cdc7cc7101f9b734_s.jpg



ヒールのある靴がだめだと思ってしまう、よくある間違いなのですが



バレエシューズは、真上から見ると、中指(第3趾)が一番長くなるように
デザインされています。



そのため、そうでない人が履くと

バレエ1.jpg


第1、2、5趾がかなり不自然な形状に圧迫される事になります。


バレエ2.jpg


第1趾は外反母趾状に折曲がれ


バレエ3.jpg


第2趾は、靴の長さが合わず折り込まれてハンマートウ状に

バレエ4.jpg


第5趾は内反小趾状に内側に折縮められます。



バレエ5.jpg




だからといって、足の圧迫のない大きいサイズのバレエシューズは
踵がスポッと抜けやすく、歩けたものではありません。




すごく可愛いペタンコ靴の代表格ですが
バレエシューズは、足爪のトラブルがある人にとっては
完璧な靴とは言えません。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:57| 足・爪・靴に関する疾患

2016年12月04日

年末年始の休診のお知らせ 12/28午前 は 通常診療、 12/29--1/4休診します。




12/29から1/4の間、休診いたします。

12/28水曜日は午前中だけ診療します。
水曜日なので本来、手術などの予約の方のみの診療日ですが
通常の皮膚科保険診療の日にいたします。


予約も必要ありませんが、できればお電話で押さえていただくと
順番は早めになるかと思います。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:12| 医院からのお知らせ

2016年12月02日

その症状、実は大人のアトピー性皮膚炎かも。




もう何年も悩んでいる手荒れが、実は大人のアトピー性皮膚炎かも。

目元のかゆみも、首筋のザラザラも、
膝下のひび割れも、

知らなかったけど、アトピー体質による湿疹で
大人のアトピー性皮膚炎に分類されるものだったり。


皮膚科の診療では毎日繰り広げられる展開です。



「アトピー性皮膚炎に分類できる症状です。」


とお伝えすると


「え!?そんな大変なことになってるの?」

と、驚かれることもあります。



疾患名が定まれば、保険適応の治療も使える薬も
幅広くなります。

確定診断に役立つ 、IgE 価や個別アレルゲンの検査は
その後の治療指針を決める為にも大変重要です。


現在は、
杉、檜などの花粉や、食べ物、ハウスダスト
家ダニ、動物の毛なぢ39項目を一度に調べられる
保険適応の血液検査で、その後の生活指導を
行うようにしています。



IMG_0420.JPG




症状によっては、脱ステロイドに有効な保険治療機器セラビームもご紹介します。

IMG_0414.JPG


是非、ご相談下さい。




診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:04| アトピー性皮膚炎

2016年12月01日

靴、足、爪、そしてたどり着いた靴。




当院の、というか私自身の永遠のテーマでもある足の骨格と爪、そして靴選び。
そのこだわりのせいか、当院は足の爪のご相談がとても多いクリニックです。


身長170センチの私。
足のサイズも子供の頃から大きくて、
中学生から高校卒業までは制靴の革靴が辛くて、痛い靴を我慢して履いていたものでした。


それから足の形と靴の関係に非常に興味を持ち
皮膚科医になってからも、整形外科の外反母趾の書物を読んだり
神戸におられた高名な足の骨の専門の先生と交流したり、


自分自身感じること、工夫などが編み出され今に至ります。
靴と足爪に関してはあらゆる症例に対応できるように
常に最新の治療や理論を探し続けています。


それもこれも、自分の足が靴のために苦労したからかもしれません。


長年の研究の成果に、私がたどり着いた「良い靴」について
今後ご紹介できれば、と思います。

ただし、ダサい靴は、私も嫌いなので紹介しません。
ヒールあり、ブランドあり、です。



posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 22:53| 足・爪・靴に関する疾患

2016年11月29日

セラビームminiは顔面のアトピー症状にも適しています。





先日、購入したセラビームmini。

IMG_0404.JPG


早速、アトピー性皮膚炎などの治療に使用開始しています。




旧型のセラビームでは、
全身に大量のステロイドを使用していた患者さんも
大幅に使用を減らしたり、中止したりが可能になる効果を上げ
信頼度の高い治療として認識していましたが


なんせ大型のため



IMG_2736-thumbnail2.jpg



顔面や首回りの照射が苦手でした。



その欠点を補うことができるのがこの新型セラビーmini。



顔にだって、首筋にだって自由自在に照射可能です。



IMG_0414.JPG





長年、弱いステロイドを栄養クリームのように毎日外用している患者さんが
時々おられます。
使用をやめると痒みがたまらないそうです。


そういう方にも、ぜひオススメの施術です。




診察のご予約は
柿本クリニック夜景20161118.JPG

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:17| セラビーム紫外線治療