2016年02月29日

一足早く、当院の しだれ桜、満開です。













いつもは龍安寺の石庭の絵を架けている当院のエントランスホール。














IMG_6836.jpg

















昨年からは、早春に、しだれ桜の絵の金屏風を出すようにしまして















今年は早めに、今朝、屏風を飾りました。


















IMG_2720.JPG
















幹はこの桜が、かなりの老木であることを示していますが









IMG_2725.jpg


















枝の端まで満開に咲かせる力を秘めていることを感じさせます。












IMG_2724.jpg













陽光に桜の花びらが生えている様子が、見事に表現されていますね。


















春を告げるツバメが、 すいー と飛び












IMG_2723.JPG












命の芽吹きを感じさせる春の様子が
六曲の金屏風の上に岩絵の具と胡粉で描かれています









IMG_2721.JPG












六曲の屏風に絵を描くとき、
作家は屈曲した画面が作品を立体的に浮かび上がらせてくれることを意識して
対象物を配置します。










IMG_2729.jpg











そして、通常、お座敷で正座をして拝見するものなので
その高さからの目線を意識して描かれています。






IMG_2726.jpg











是非、姿勢を低くして、左右からご鑑賞ください。












IMG_2728.jpg












IMG_2730.JPG














待合室にも、このエントランスホールの春の陽気が届いてくれますように。











IMG_2722.JPG














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:10| 医療以外のつぶやき

2016年02月26日

スターラックス施術数が昨年7月の納入から280例となったのを記念して施術の流れをご紹介します。








当院ではもう10年以上、スーパーフォト治療を行っています。










主な目的は、
美白、たるみの引き締め、ニキビの治療、にきび跡の消失
などで、
過去、多くの治療効果を発揮してきました。









この写真の左端に写っているのが最初に採用した1号目。







旧フォト施術.jpg











その次に採用したのがメディラックスプラス










medilux-1.jpg














そして現在3代目のスターラックスがこちら






IMG_7002.jpg










患者さんには全て「スーパーフォト治療」としてご案内してきましたが
使用している機種はどんどんバージョンアップしてきていたのでした。


そして、機種が新しくなるたびに、効果も上がっているように感じます。











今回のスターラックスは使用開始から、
今までにないほど患者さんご自身の治療効果の実感が強く












記録ノートを見ると、昨年7月から昨日までに280例の施術をしたことになりました。









半数以上の方々が、リピーターです。










「スターラックスのハリ感、ツヤ感を、より高い状態で維持したい。」








そう感じてくださっている方々が、1〜3ヶ月おきに施術に来られます。
(当院のスタッフの何名もが自費でのリピート施術を行っています。)











ふらふら「でも、なんだか怖い」と思う方がおられるかもしれませんので






ぴかぴか(新しい)スターラックス施術の流れをご紹介いたします。











その1 「スーパーフォト治療をうけたい」という方は、
    まず私の診察を受けていただきます。
    
    ご自身が希望する効果が、スーパーフォト治療で実現が可能かどうかを
    見極めます。無理な場合は、他の治療をご紹介することもあります。







その2 日程の調節を、スタッフが行います。
    7番のお部屋で行います。
    特に問題がない場合は、当日施術が可能な場合もありますが、
    産毛が多いと施術ができないので、後日、顔そりを済ませてお越しくださる方が
    いいように思います。





     IMG_2712.jpg
     7番の部屋





     IMG_2711.jpg





その3 施術の部屋は2番の部屋です。

    IMG_2710.jpg





    Qスイッチルビーレーザーでも使用するお部屋です。
     Qスイッチルビーレーザーの施術の流れはこちらをご覧ください。
     シミ治療の流れその1   
     シミ治療の流れその2
     シミ治療の流れその3








その4 歯科用の電動リクライニング椅子を倒し、横になっていただき
    目を守るゴーグルをつけます。
    Qスイッチルビーレーザーの時とは別のものです。






    IMG_6996.JPG



    

      あ、この患者さん、K先生によく似ておられますが他人の空似です。手(チョキ)





      患者さんから見ると「ご機嫌ニュートラル」はこんな感じ。




      IMG_6997.jpg







      癒されます。いい気分(温泉)







その4  実際の照射を行います。




      IMG_6998.jpg









       顎のたるみを引き締めるためにも下から引き上げるように施術します。







       

       むかっ(怒り)






       IMG_6999.jpg







       むかっ(怒り)








       IMG_7000.JPG









        むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)











         IMG_7001.JPG











       こんな感じ







       スターラックス.gif
      











        施術には、当院で開発したモイスチャライザーを氷冷して大量に使います。







        IMG_2714.jpg









        大量の保湿成分を含むこの化粧水が、フォト治療でほてった肌を沈め
        潤いを追加していきます。
     

        







        
        施術している私には、よくわかるのですが
        日頃の保湿が不十分な方の肌は、驚くほど、肌が飲むように、
        この化粧水が吸い込まれていきます。








        逆に、毎日ご自宅でもこの化粧水をお使いの方のお肌は
        そこまでしなくても、プリプリもちもち、弾力が保てています。










        無理強いはしていないのですが、
        せっかくのフォトの効果を長く維持するためにも
        モイスチャライザーのご自宅でのご利用を、おすすめしたくなります。




        モイスチャライザーの詳細は、こちら
     









        そして、強力な照射を実現させてくれているものがもうひとつ。










         IMG_7003.jpg

         氷冷送風機です。













         ぶろ.jpg














その5  ヒートマスク導入をします。


     1503FPK_0142.jpg







        ヒートマスク導入についてはこちら











全部で1時間30分くらいは要する施術です。










最後はパウダールーム(個室)で。








        720x240_10.jpg







当院の化粧品で、もう一度十分に保湿してお帰りください。



  





      IMG_4069.jpeg














 以上がスターラックスによるスーパーフォト治療とヒートマスク導入のコースの流れでした。










 
ぜひ、当院自慢のこの施術をご体験ください。











     施術の価格は

       スターラックスによるスーパーフォト治療 と ヒートマスク導入 のセットで
                                 32000円(税別)です。















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:05| スーパーフォト治療 ・スターラックス

2016年02月25日

予告 3月1日(火曜日)からグラッシュビスタの15%off再開します。












何これ。目
いちごを抱えた小グマ?









IMG_2695.jpg













あら、まさかのデコ手鏡!









IMG_2696.jpg










まあ、「まつ毛クリニック」の「くまつ毛ふさ子先生」ではございませんか。
 くまつ毛先生のプロフィールはこちらクリック








IMG_2700.jpg









ご愛用のくまちゃん手鏡で、もしかして、ご自身のまつ毛の長さにうっとり中?









IMG_2701.jpg









なるほど、長いですよね、先生。るんるん











グラッシュビスタは外用するだけでまつ毛の量が増えたり伸びたりするお薬です。
 るんるん実際のグラッシュビスタの効果は、この公式サイトの写真をごらんください。<クリック














昨年末に、アラガン社のご協力の元で行った15%OFFのキャンペーンで
初めてグラッシュビスタをお試しになった患者さんがたが









E382B0E383A9E38383E382B7E383A5E38393E382B9E382BF3-thumbnail2.jpg








そろそろ70日を使い切る頃になりました。














また、アラガン社のご協力の元、15%OFFのキャンペーンを
3月1日より開始致します。












アラガン社のご協力がいただけた分の個数に限りがございますので
今回は30名さま限定となります。










products_pho07-thumbnail2.jpg


ひらめき睫毛貧毛治療剤グラッシュビスタ 70日分 
 15%offの17000円(税別)で、30箱限定で、3/1から、ご案内いたします。






アラガン社からのご協力が、次はいつあるかわかりませんので、
是非、この機会にご利用くださいませ。















IMG_2703.jpg
(くまつ毛先生のデコ手鏡の裏。いい気分(温泉)

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:37| 睫毛貧毛治療グラッシュビスタ

2016年02月23日

爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)は爪白癬とは別の疾患です。






70歳以上の方に多く発症する「爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)」は












爪甲鉤彎症1.jpg










まるでオウムのくちばしのように









parrot-892940_640.jpg










爪が大きく肥厚して、彎曲し、白濁、または黒色になる疾患です。












爪甲鉤彎症2.jpg











近頃、爪の水虫である爪白癬のことは、
よくメディアで目にするようになったので












これも水虫ではないか、と来院されるケースが多いように感じます。














しかしながら、もう少し事態は深刻で、
水虫と違って現在は完治させる方法がありません。
(爪白癬は治療で完治させることができる時代になりました。)

















爪甲鉤彎症の原因は、どういったことでしょうか。













まず、爪の成り立ちなのですが








爪甲鉤彎症4.jpg













爪の根元まで皮膚の下にまで広がっていて、

そのうち基部付近を爪母といいます。












爪甲鉤彎症3.jpg















この爪母は、いわば爪の製造工場。
ここで爪が作られて、前へ伸びていきます。













それなので、爪母が破壊されると、
ちゃんとした爪を作ることができなくなるのです。











例えばこういう靴を長く履いていると



















くつ柿本クリニック.jpg











圧が常にかかって













陥入爪柿本クリニック.jpg






爪母は徐々に損傷を受けます。





爪甲鉤彎症5.jpg













爪の製造工場が破壊されるわけですから












爪甲鉤彎症6.jpg











生えてくる爪は、いくら切っても、例え1度抜いても、
ずっと変形した爪が生え続けることになります。










爪甲鉤彎症7.jpg













治療法は、
というか、私ができることは、痛くないように伸びた爪を切ることだけ。
月に1度、伸びた爪を専用爪切りで切って差し上げてます。(保険で可能です。)




そんな方が、何人もいらっしゃいます。








そして、水虫菌がこの上に繁殖すると「爪甲鉤彎症プラス爪白癬」という
やっかいなことになるので、水虫の管理もいたします。










将来、iPS細胞での爪母の再生治療が可能になれば
完治させることができる時代がくるかもしれません。










関連記事もお読みください。
 2016年02月13日 ハイヒールの中身。の巻。クリック
 2016年02月15日 ハイヒールの中身。解決編の巻。クリック
 2016年02月18日 「甲の厚み」と「ひも靴」の関係。サッカー選手、テニス選手なども要注意です。クリック















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:23| 足・爪・靴に関する疾患

2016年02月22日

シミ治療の流れ(その3)






さて、続きです。








IMG_6906.JPG









照射後の状態なのですが、皮膚がえぐれたり、なんてことは全くありません。













ヒリヒリ赤くなった状態なだけです。














かわいいその7 この後の1週間は、ケアが必要です。



















軟膏をたっぷり塗って、








IMG_6951.JPG









ガーゼとテープで保護するか、






IMG_6952.JPG















はたまた、肌色のレーザー用軟膏で、カバーするか。










image-3ea4f-thumbnail2.jpg











丁寧に患部をカバーすると、ガーゼテープと違って目立ちません。











image-7e64e-thumbnail2.jpg














最近は男女を問わず、この肌色軟膏が人気です。


















かわいいその8 1週間後の来院とその後。













1週間もすると、かさぶたが脱落するので、それを確認するため、来院いただきます。












目の下の2つのシミは









IMG_6902.jpg









ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)ですから、









E5BE8CE5A4A9E680A7E88AA6E5B18BE69FBFE69CAC-thumbnail2.jpg










施術後にもしばらくは色は消えません。詳細は<クリック













その間は、メイクアップなどで隠しながら過ごしていただくことになります。













それから、大切なことですが









シミができてしまった人は、すなわち「メラニンが定着しやすい人」。





もっと簡単に言うと「シミがある人」は「新しいシミができやすい人」なのです。












そのため、人一倍、湧いてくるメラニンを定着させないケアが必要です。












その役目を担っていくれるのがヒートマスク導入。












せっかく手に入れたシミのない肌を、さらに白磁のような輝く肌へ進めます。








詳細は以下の記事もお読みください。
シミって、どうしてできるの? そしてどうやって防ぐのがいいの?ー「美白維持システムをお勧めします。」」










もちろん、ヒートマスク導入はあくまでご本人の意思で、
ご希望の方のみにおすすめしております。いい気分(温泉)










とりあえず、シミ治療の流れの序盤はこのような感じです。モバQ












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:17| しみとりレーザー治療

2016年02月20日

シミ治療の流れ(その2)





前回の続きです。









お見積もりを出した段階で、患者さんの希望をお聞きします。








IMG_6904.JPG











予算的に1個だけ取ります。」という場合もあるし、












今日はお話だけで」、と帰って行かれる方もおられます。

 それでも、全く、問題ありません。いい気分(温泉)
















それではいよいよ、照射の段階の説明をします。ぴかぴか(新しい)












かわいいその4 まず、照射したい部位を麻酔します。





  当院では、このような麻酔テープを用います。






   image.jpeg











  台紙から剥がして


 


   image.jpeg














  シミの上に直接貼り、1時間前後、麻酔の効きを待ちます。





    IMG_6911.JPG ← 透明なのでわかるかな?








この、麻酔テープは、
ご自宅で貼ってレーザーの予約時間にお越しいただくのでも結構です。家
貼り方に不安がある場合は医院で貼り、待合室でお待ちいただいております。病院



どちらの場合もシールが透明なので、目立ちません。















かわいいその5 Qスイッチルビーレーザーの部屋に移っていただきます。












     IMG_1955.jpg











あ、写真間違えた。












こちらです。

     image.jpeg








右奥にあるのが当院の自慢のQスイッチルビーレーザーです。
ボディーの色は特注です。








  左後ろに架かっている作品は以前記事を書いた<クリック>西山裕希子さんの作品です。
  


  









そして患者さんがお座りになって目の前にあるのはこの壁面。








   image.jpeg





中央は栗田咲子先生の油彩作品「ご機嫌ニュートラル」です。












ちょっと、ゆーるい気分になっていただきたい企画になっております。晴れ


















そしていよいよ


かわいいその6 レーザーの照射。










むかっ(怒り)










IMG_6905.JPG









むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)















IMG_6906.JPG











隙間なく照射していきます。むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)







E382B7E3839FE6A8A1E5BC8FE88AA6E5B18BE69FBFE69CAC-thumbnail2.jpg










麻酔が効いていて、痛くありません。
本当です。











次回に続く






柿本クリニックの公式サイトのシミのページもご覧ください。<クリック













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:20| しみとりレーザー治療

2016年02月19日

シミ治療の流れ(その1)








輪郭のはっきりしたシミに対して行う、Qスイッチルビーレーザー治療。









国で定められた規定では






image.jpeg







太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着、扁平母斑などの
主に「アザ」に分類されるものは保険適応での治療が可能ですが










残念ながらシミに関しては、保険適応外で、
「シミを保険でレーザーでとる」というのは違法行為です。








そういう訳なので、自費治療だということを、よろしくお願いいたします。いい気分(温泉)











それでは、今日は、実際の患者さんがシミを取るまでの流れを
お見せ致しましょう。











左ほほに3つのシミがあることでご相談に見えた患者さんです。






IMG_6901.JPG











この場合、左こめかみの大きなものは
お若い方なのに申し訳ない疾患名ですが「老人性色素斑」
ということになりそうです。いわゆるシミのことですね。





 シミの分類についてはこちらをご覧ください。<クリック









そして左目の下の小さいものはADM(後天性真皮メラノサイトーシス)です。




 老人性色素斑よりも、レーザー後の治りが遅いものです。
   ADMの詳細は<クリック












どちらも、保険ではお取りすることができないように定められています。







image.jpeg何度もすみません。ふらふら















それなので、まずは、見積もりから始まり、承諾されたら施術します。
では、流れを追っていきましょう。












かわいいその1 患部のお写真を撮影します。


   IMG_6902.jpg





その2 すぐプリントアウトしまして


   IMG_6903.jpg






その3 各々に照射するショット数を定めます。


   IMG_6904.JPG







 この場合、ADMの1個につき4照射、 シミには18照射と見積もります。




 実際は以下のうように照射していくので、
 この見積もりの照射数を超えてしまう場合がほとんどですが
 追加料金はいただきません。




   E382B7E3839FE6A8A1E5BC8FE88AA6E5B18BE69FBFE69CAC-thumbnail2.jpg







次回へ続く。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:09| しみとりレーザー治療

2016年02月18日

「甲の厚み」と「ひも靴」の関係。サッカー選手、テニス選手なども要注意です。



足指、爪のお話の続編です。






前回お話ししたブーツが良い、という話、
 「ハイヒールの中身。解決編の巻。」へ<ジャンプ


ただし、という注釈がついてしまいまして、
「甲の厚みが普通にある人」のお話なのです。





世の中には、本当に華奢な甲の薄いおみ足の方の多くいらっしゃいまして




その方々は、ブーツであっても甲がぶかぶかで前滑りします。





そんな時には、ひも靴で甲を締めるしかありません。






紐ぐつ1.jpg






甲の部分も支えられるので、足首までのタイプがオススメです。




紐ぐつ2.jpg








必ずひもはしっかり結びましょう。






紐ぐつ2.jpg










そうすると足が前滑りしません。





ひもぐつ4.jpgひもぐつ4拡大.jpg







足先に空間が保てて、外反母趾や爪の疾患にはなりにくいのです。





ひもぐつ5.jpg







しかし、それでもブカブカになるような足の甲の薄い方の場合は







ひもぐつ6.jpg   ひもぐつ6拡大.jpg







足が前滑りしてしまうので、外反母趾や巻き爪が生じやすくなります。





ひもぐつ8.jpg

ひもぐつ8拡大.jpg








そうなってくると、
ご自分の甲の薄さでも、しっかりと締めることのできるデザインの靴を探すこと
が重要になってきます。








くつひも9.jpg

くつひも9拡大.jpg




同じことがスポーツ選手のシューズにも言えます。




サッカー、テニス、バスケットボール、登山 などのスポーツは


競技の特徴上、シューズの中で前滑りを起こしやすいので

甲の厚みが合ったシューズを選ばないと、爪の損傷が起きやすいのです。




特に、サッカーやテニスのシューズは足首までないので、
甲のサイズが合っているかどうかは、とても大切な要素です。






もしかしたら、
流行のスポーツメーカーのシューズが、
あなたの足の甲にはブカブカすぎるかもしれません。






くつひも10.jpg

くつひも10拡大.jpg





様々のメーカーの靴を履き比べて、前滑りの起きない甲のフィットする靴を
選ぶといいかもしれません。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:21| 足・爪・靴に関する疾患

2016年02月16日

いけばな新作。






華道家の吉田泰巳先生がお花をいけにきてくださいました。








「吉田先生がお見えです。」とスタッフが診察室に伝えに来てくれて
患者さんの区切りがついてからエントランスホールに駆けつけるとモバQモバQ







IMG_6833.JPG







もう、いけ終わっておられました。いい気分(温泉)








IMG_6834.JPG









そのスピードでいけられた作品がまたまた素晴らしくて






IMG_6835.JPG




IMG_6836.jpg






IMG_6837.JPG






IMG_6838.JPG





IMG_6839.jpg







IMG_6840.jpg





吉田泰巳先生、ありがとうございました。


明日は、先生のお茶室でお茶のお稽古の私。
今は紹鴎棚でお稽古しております。
とても楽しいお点前ですよ。るんるん







ドリアニメ原本小-1.gif


スタッフ募集中です。詳細は<クリック






























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:46| いけばな吉田泰巳先生の世界

2016年02月15日

ハイヒールの中身。解決編の巻。




前回の「ハイヒールの中身」の続き、今日は「解決編」です。いい気分(温泉)










IMG_0683.jpg






上の写真は、
2/13に「さいたまスーパーアリーナ」で開催された
マドンナのコンサートの1シーンです。カラオケ







マドンナ、そしてバックダンサーの足元にご注目ください。目







boots-506830_640.jpg





皆さん、ブーツ履いてます。









私がオススメしたいのも、まさにブーツでした。












ブーツは、どんなにヒールが高くても


ブーツのよさ2柿本クリニック.jpg










甲の部分の革が、
足の前滑りを予防するストッパーの役目を果たしてくれるので









ぶーつのよさ3.jpg










爪先部分に、余裕のある空間が保てます。







ブーツの4.jpg











激しいパフォーマンスにも爪先を傷めにくく、耐えられるのです。るんるん










IMG_0683.jpg











冬の間は、
ヒールのある靴が必要な場面も、ブーツで切り抜けることを
ちょっと検討してみてくださいね。雪







もちろんショート丈のものでも結構です。





ブーツのよさ柿本クリニック.jpg









甲の部分がしっかりストッパーになっていれば、大丈夫です。ダッシュ(走り出すさま)







ぶーつのよさ3.jpgブーツの4.jpg













バー





くつ柿本クリニック.jpg






でも、やっぱり、パンプスは優美ですよね。わかります。





















ドリアニメ原本小-1.gif


スタッフ募集中です。詳細は<クリック









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:29| 足・爪・靴に関する疾患