2017年04月28日

今朝は受診に最適な朝です。



おはようございます。
いいお天気の朝を迎えております。


IMG_1185.JPG



本日は、午前中は事前予約の枠が空白状態で、非常に受診しやすい朝になっております。
(対して午後は予約が詰まり気味です)

看護師さんも午前中は待機しておりますので、
ぜひ連休前の受診は午前中にお勧め致します。


気になっていたアトピー、ニキビ、ホクロ
その他色々ご相談ください。



また、5月の予定表も出ましたのでご確認ください。



スクリーンショット 2017-04-28 9.32.15.png
確定ではなく、追加されることがありますので、
適時ご確認ください。



診察のご予約は
1503FPK_0048.jpg
医院日本庭園

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:35| 医院からのお知らせ

2017年04月27日

明日4月28日(金)の午前中は急遽、紫外線と注射担当の看護師さん入ります。





公式サイトのトップページhttp://ashiya-kakimotoclinic.com

スクリーンショット 2017-04-27 18.42.50.png



の右下のカレンダーで、
紫外線と注射を担当くださる看護師さんの出勤日がご確認いただけます。
(不在の日は院長が担当していますので、ご安心ください。
 ただ、診察が混んでいるときは少しお待たせすることがあります。)




スクリーンショット 2017-04-27 18.42.25.png



明日4月28日(金)は、「いない日」のままですが、
紫外線と注射担当の看護師さんが出勤します。




連休前の午前中ですので、ぜひ、お越しになっておいてください。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:51| 医院からのお知らせ

七難隠して、薄づきファンデ。



ゴールデンウイークを前に、医院の窓口も通販も
お化粧品のまとめ買いをされる方も増えているようですので



皆様の興味のあるうちに、続けてオリジナル化粧品のうちの1品、
「UVファンデーション」をご紹介します。



87919085.jpg

UVファンデーション 税込価格4,860円
容量 35g  SPF15  PA++ 



当院でのイオン導入やレーザー治療で
透き通るような透明感のある、美しく白く輝く肌が完成しても、




lily-of-the-valley-123171_640.jpg




まだまだ日本には黄色がかった ベージュのファンデーションしか
発売されていなかったため、
お化粧をしてしまうとせっかくの肌がくすんで見えていました。





そのため、美しい肌をさらに美しく見せることにこだわった自信の1色です。



DSC_0656.JPG


さらに、シミくすみが気になるけど、
なかなか当院で治療やお手入れをする機会がない方にも

その部位だけ重ね付けしていただくと
七難隠せる自然な白さで美肌感を出すことができます。





少し伸ばすとしなやかさがわかっていただけるかしら


DSC_0657.JPG



色も、下の写真では左が標準のファンデーションですから、
ピンクがかった明るい白さだということがお分かりになると思います。



DSC_0658.JPG





あまりお手入れもしていない私の手の肌に乗せると

DSC_0659.JPG


伸ばすとこんな感じ。



DSC_0660.jpg



肌の肌理(きめ)が見えるほどの薄づきです。





サンスクリーン Cとの相性もとても良くて

87919027.jpg



あらかじめサンスクリーンCを下地として塗ってから
UVファンデーションを塗ると


DSC_0661.JPG




パール感が強く出ます。




白すぎると感じる場面では、Tゾーン(おでこと鼻筋)だけに
ファンデーションを塗ると、白浮きの心配もありません。




お求めは医院窓口と通販だけになっていますが
発売以来、とてもリピート購入の多い製品の一つです。




通販はhttp://cosme-kakimoto.com/?pid=87919085でお求めください。








ところで、エントランスのいけばなの百合が開いてきました。





DSC_0653.JPG





気高い空気感は、吉田泰巳先生の真骨頂ですね。




DSC_0652.jpg








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:53| 当院のオリジナル化粧品

2017年04月25日

いけばな新作。ナナカマドの新緑をさっぱりと。



嵯峨御流 吉田泰巳先生がいけばなをいけに来てくださいました。



IMG_9985.jpg



大きな枝はナナカマド。
秋には紅葉して見所の多い樹木ですが、
今の季節の新芽も魅力的です。





IMG_9992.jpg



スイスイと迷いなくいけていかれる吉田先生。
その素早さと鮮やかさに感嘆のため息。


「刺身でも勢い悪く切ったら美味しくないやろ、
 いけばなも、迷って触ってると勢いが消えて不味くなるねん」


ごもっともですけど、誰にでもできませんです。はい。



そして完成。




DSC_0650.jpg






百合はこれから順番に咲くことでしょう。




来院の皆様、
どうぞ、お写真、お撮りくださって結構ですので、
見頃をごらんください。







DSC_0651.JPG














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:49| 医院からのお知らせ

2017年04月24日

GW中の行楽にもサンスクリーンCをお供に。




いつもオリジナル化粧品のご購入、ありがとうございます。


紫外線の増加する季節を迎え、
UVカットの下地「サンスクリーン C」の需要が増えているようです。



87919027.jpg

容量30ml 税込価格3,456円



肌を傷めないUVカットとは何かを考えた時、
洗い落とす時にいかに肌に負担なく落ちるかが重要であると気づき

あえてウォータープルーフにはしない設計を選びました。


また、SPF数値は20 PA++ と、最強とは言えないのですが
汗をかいて流れてしまっては、強いSPF値のものでも塗り直しが必要です。



また、SPFとは紫外線をカットする効果を示す数値で、

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて、
日焼け開始までの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。

SPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。
6時間40分までは日焼けが抑制されるという数値です。

よく間違えられるのですが、
日差しの強さに対抗できる強さではありません。
SPFが50のものは、1000分抑制できる、ということです。



私の夫は、しばしば登山をしますが、
以前に帽子からはみ出た耳たぶに水疱ができるほどの日焼けをして以来、
当院のサンスクリーンCを塗るようにしています。

それ以降は、日焼けは防げています。


お求めは通販でも医院の窓口でも可能です。

通販サイト
http://cosme-kakimoto.com/?pid=87919027





ところで

芦屋柿本クリニックの公式サイトが新しくなって2年が経ちました。
少しずつ手直しが必要になってきて、
少しずつ変わっていっています。



スクリーンショット 2017-04-24 13.40.15.png



開業して20年の間にも、
皮膚科の医療界の中では
革新的な治療が生まれた時もあれば
期待外れで消えていった治療もあり・・・・・。


これからもじっくり医療界の前線を見続けて
効果の評価が出たものを提供する医院でありたいと思います。









診察のご予約は
1503FPK_0048.jpg
医院日本庭園

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:50| 当院のオリジナル化粧品

2017年04月22日

ナイロンタオル皮膚炎と疥癬






特に70歳前後の男性に多いように感じますが


ナイロンタオルでの皮膚炎をよく見かけます。






カサカサの肌に、点々とした発赤。


「ダニだと思うんですよ」



という、ご心配の言葉がしばしば添えられます。







水分量を測定すると、かなりの減少。中には数値0という人もおられます。







乾燥した肌をナイロンタオルでこすると、
本来自然脱落するはずの皮膚の表面を、まだその時期ではないのに
剥ぎ取ってしまっていくことになります。



多くの場合、ナイロンタオルを中止し、保湿を中心とした
外用剤治療を行うことで改善します。








しかし、ダニも否定はできず、

疥癬(ヒゼンダニ)は、入居施設などでしばしば流行する
ダニですが、近年も芦屋市内の施設で少しの流行を見ました。




太閤殿下の時代(16世紀)には、疥癬に対して治療効果の高い
硫黄泉が流行し、有馬温泉が栄えた、という歴史もありますが、

今の時代は内服薬で治ります。
しかも、1日だけの内服です。




顕微鏡検査でダニの虫体や虫卵を確認して処方しています。




そして、ナイロンタオルの話題に戻りますが、
ナイロンタオルでいくらこすっても疥癬は撲滅できません。



ですので、「ダニかと思ってゴシゴシ洗った」としても
肌を痛めるだけですので、お控えくださいね。

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:32| アトピー性皮膚炎

2017年04月21日

ファーストピアスをはずします。





当院で就職や進学を前にピアスを開けた方々も
そろそろホールが完成してきた頃です。


ファーストピアスを外して、ご自身の好みのピアスに
変える時期が来ました。


そこで、2点についてお話しします。




その1 セカンドピアスに交換しても大丈夫か




孔がちゃんと完成しているかどうかは、ファーストピアスを外した状態でわかります。



完璧に乾いた皮膚が完成していれば、大成功


ピアス完璧.jpg


ご自身のピアスに変更してもまず大丈夫でしょう。







しかし、
出血していたり



ピアス出血.jpg




膿が出てきたりだと



ピアス膿.jpg





自力では回復が困難です。
ピアスのトラブルに経験のある医院を受診ください。





その2 どんなセカンドピアスがいいのか






ピアスを設置して一年は、何らかのものを挿しておかないと
孔がひっついて入らなくなるトラブルが生じやすくなります。




寝ている時も、お風呂の時も、何らかのものを挿しておく方がいいようです。





そうなると、シンプルで邪魔にならないピアスを持っておく方が楽です。






earrings-876379_1920.jpg



上記の写真のものの中でも、サイズが小さくて、耳に沿うものがいいでしょう。







また、熱に弱い本物のパールなどは
お風呂には不向きです。



9c5532c14ce821a1a0c6996785c4f1a8_s.jpg






垂れ下がるものも睡眠時には邪魔になるのではないでしょうか。



73218943db6a5c23c97ec861a66f2156_s.jpg





シンプルなピアスをまず用意しておくと、色々楽です。






もちろん、お出かけの時は、お好きなピアスをなさってください。




earring-1451014_640.jpg







当院では、ピアスホールが完璧にできているか、
交換が可能かを確認して、お手持ちのピアスに交換することも
行なっています。




お電話でご相談、ご予約下さい。





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:42| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2017年04月20日

アトピー性皮膚炎のこれからのお手入れ。




暖かい日が続いています。

今の季節、アトピー性皮膚炎の肌は、最後の増悪期に入ります。

季節の変化とともに秋から乾燥し始めた肌は
冬の間にカサカサからひび割れまでに進行します。


そこを掻きむしって浸出液や血液が出てしまうのです。




 その冬を越えて、気温は上昇し薄着になっては来ますが

実は大気の湿度は、そんなに上がってはいないので、
秋から続いている乾燥肌は、まだまだ辛い時期なのです。




ただ、薄着になった分、化学繊維との接触が減り、
刺激感からの痒みは減退しているはずです。




そこで、ステロイドは選択せず、しっかりと保湿剤を使うこと、
それがこの時期に大切なことです。




関連記事 「乾燥肌は、皮膚炎の出発点。」
     「保湿剤、いろいろ。」





たくさん塗って、もう少し頑張ってくださっていると、
ほら、そこまで夏は来ています。

夏になると、
大気の湿度も上がりましすし、
天然の保湿オイル=汗が、肌に潤いを与えてくれるように
なります。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:36| アトピー性皮膚炎

2017年04月18日

爪切り、魚の目処置、全て保険診療で行なっています。




昨日は台風のような荒天で、患者さんもお出かけにくい1日だったようで、
その分、今朝は、歩行がゆっくりのシニアの方々の受診が
多かったように感じます。





今日も多くの方の足の爪切りや、魚の目の削りをしました。


これらで悩まれるシニア世代の方々は、





本当に慎み深く、遠慮されがちな世代でいらっしゃるので、
足の診察や処置に対して、

「本当にすみません」

「こんなことまで先生にしてもらって」


など、繰り返しおっしゃる方が多いのです。


そして、なるべく受診しないように我慢しておられるご様子も
見て取れます。




「本当に、私の大切な仕事ですから、どうぞご遠慮なく」

と、私も繰り返し申し上げています。


どうしたら、私の気持ちが伝わるかなあ、
ご遠慮なく来ていただきたいなあ、



など、考えてしまいます。



本当にご遠慮なく。



月に一度はお手入れされるといいと思いますし、
痛ければ、その都度、早めに来てくださっても結構です。
ご家族の方で、この記事が目に触れたら、どうぞそのようにお伝え下さい。



スタッフ一同、お待ち申し上げております。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:47| 足・爪・靴に関する疾患

2017年04月17日

馬酔木(アセビ)の花が見頃です。



すっかり春ですね。


当院の日本庭園も、新緑が美しくなりました。



IMG_1077.jpg




道路側からも見ていただけるモミジは、今、花が咲いています。
新芽とともに咲いてほんの数日で枯れてしまう、
儚さでは桜以上の花です。



アップで見るとこんな感じ


IMG_1059.jpg






庭の南側から見た写真ですが


IMG_1071.jpg



手前の方には馬酔木(アセビ)の花が見頃です。


IMG_1083.jpg



春を楽しんでいただけたら幸いです。





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:30| 医療以外のつぶやき