2017年05月12日

水いぼ(伝染性軟属腫)は、痒い皮膚炎を併発します。




水いぼは、正式名称「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」

ウイルスで伝染するイボの一種です。



直径 1ミリから5ミリの、中央におへそのような窪みのある軟らかいイボで
周囲に伝染し、多発します。



水いぼ3.jpg





一つ一つが水いぼです。



水いぼ2.jpg







水いぼは、そのウイルスの特性から、周囲に皮膚炎を生じやすくします
また、元々アトピー性皮膚炎の肌には生じやすい疾患です。













水いぼのあるところを

水いぼ2.jpg


マスキングしてみましょう


水いぼ1.jpg




周囲にアトピー性皮膚炎のような
ガサガサ肌があるのがお分かりになると思います。




ガサガサ肌が痒くて掻破すると水いぼは広がります。




もし、水いぼ治療をしない場合でも、拡大予防のためにガサガサ肌の
痒みは止めてあげる治療だけはした方がいいと思います。





その場合、ステロイド外用剤は禁忌です。
余計に水いぼが拡大するからです。







関連記事「水いぼ(伝染性軟属腫)をどうするか。」






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:20| その他のいろんな皮膚科疾患の治療