2018年04月03日

水いぼの描き破りは、悪い面も、いい面もあるので、適切に処置を。



お子さんの体に発症する「水いぼ(伝染性軟属腫)」



水いぼ.gif



真ん中に臍窩(さいか)というおへそのようなくぼみがあるのが特徴です。





水いぼ3.gif








その薄い皮膚に覆われたドームの中にはモルスクムボディという
ウイルスの集合体が入っています。

ここからウイルスが拡散して数が増えるのですね。






水いぼ4.gif





この水いぼが発生しているところは、肌荒れを起こしやすいので
よくお子さんは、ポリポリ掻いてしまうのですが





水いぼ2.gif





関連記事「水いぼ(伝染性軟属腫)は、痒い皮膚炎を併発します。」






掻破すると、ウイルスが拡散する、という面もありますが、
掻き破ぶることで、中のモルスクムボディがゴロリと排出されて

治ってしまうこともあります。






水いぼ5.gif







掻いている段階ですべきことは

カサカサ肌に対する外用治療、
場合によっては水いぼ摘除、
掻破後の傷の治療

と、場面場面で細かく調整が必要です。




関連記事「水いぼ(伝染性軟属腫)をどう治療するか。」






私は、泣かせてまでの完全摘除にはこだわらず、柔軟に治療することを心がけています。








診察のご予約は


医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:41| その他のいろんな皮膚科疾患の治療