2018年07月13日

カンジダ感染症の夏がきた。




IMG_0667.jpg
今朝の開院前のエントランス




昨日は豪雨から、皆様の身の回りもひと段落されたのか
いつもより多くの患者さんをお迎えしました。



特に多かったのはカンジダ感染症。



来る方来る方、カンジダの疑いで、真菌検査で菌の検出をしました。




IMG_0668.jpg





カンジダ感染症は、水虫菌と似ていますが、
拡大が早く、浸出液がドロドロ出るのが特徴です。


皮下脂肪の厚い人の脇の下、乳房の下、お腹の段の間
などに好発します。




真菌(カビ)ですから、高温多湿を好んで繁殖します。
この季節にはピッタリ条件の揃う疾患なのです。



治療は、外用剤や、時に内服もしていただきながら
手早く治すことを心がけています。




これは?と思ったら、真菌検査のできる皮膚科で
診察を受けることをお勧めします。



台風紫外線注射にお通いの方へのインフォメーション

本日7月13日(金)は、
午後は紫外線注射担当の看護師さん不在なので、ご希望の方は
午前中か明日にお越し下さることをお勧めします。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:50| その他のいろんな皮膚科疾患の治療