2018年08月03日

暑さから、汗関連のご相談が増えています。





これだけ暑いと、例年の夏には生じないような汗関連の疾患が急増します。





そもそも、汗は、
上昇した体温を下げる目的で出るので
クーラーのないところにいると
熱が体に貯まらないように汗はどんどん出ます。




もし汗の元になる水分補給をしないと汗が作れないため
熱が体に蓄積されて熱中症になります。

クーラーのないところにいるならば、
水分を取り、どんどん汗をかいて体温を冷ます必要があるのです。




しかし、今年ほど暑くなると、クーラーをかけていても
少し動いただけで汗が吹き出てきます。



特に、首回りは
心臓と顔や頭とつなぐ太い血管が通っているところですから
急上昇した体温を冷ますために汗をかくことで急冷しようとします。




汗.gif





今年の暑さのせいで、首回りの発汗過多による疾患が増えています。




熱のこもるような不快な痒み、
汗ばんだ皮膚に化学繊維の衣類が擦れることで生じる湿疹、
皮下脂肪が厚く輪が入っている人のカンジダ症


などなど、今年は多いです。





市販の薬で、かえってこじれさせてしまっている方も
多いので、皮膚科受診をお勧めいたします。




早く、涼しくなりますようにモバQ




















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:17| その他のいろんな皮膚科疾患の治療