2018年12月29日

いけばな新作。お正月のお花。そして福田眉仙展。




今年の診療も昨日で終了しました。
地域医療に少しはお役に立てたのか、なかなか自分ではわかりません。

ただ、この一週間は昔馴染みの患者さん方が、
「今年も本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。」
とおっしゃってくださって

それだけで、本当に幸せ。
こちらこそ、来年もよろしくお願い申し上げます。




さて、最終日の朝、嵯峨御流、吉田泰巳先生がご多忙の中
お正月のお花をいけに来てくださいました。






IMG_9279.jpg






エントランスのお花は、水盤に清々しく


IMG_9280.jpg




葉牡丹、若松、万両、菊。




IMG_9289.JPG




「黄花朱実」の謂れを先生から伺いながら、傍でいける様子を撮影していました。
今年最後の授業です。








待合室の中にも別の作品を



IMG_1647.jpg




神様が玄関だけで帰ってしまわない様に、
家の中にも松は必要なのだそうです。




吉田先生、本年も、本当にありがとうございました。







そして
吉田先生のお友達でもある西宮大谷記念美術館の越智館長が
年明けからの展覧会のポスターをお持ちくださいました。





IMG_1649.jpg





福田眉仙(ふくだ・びせん)は1875(明治8)年現在の兵庫県相生市に生まれ、
1917(大正6)年東京から西宮の苦楽園に移り、
1920(大正9)年芦屋の六麓荘町に自宅を構えていたという


なんとも地元にゆかりの深い日本画家です。


公式サイトに掲載された日本画には線や色に柔らかい光を感じさせ

こってりした南画がちょっと苦手な私には
「わかる!西宮芦屋の、南斜面の瀬戸内気候の光って、こう見えるもんね。」と
激しく親近感が生まれました。




この「わかる!」を共有いただけたら、とご紹介いたします。





受贈記念 日本画家・福田眉仙とその周辺

会期   2019年1月3日(木)〜2月11日(月・祝)
休館日  水曜日
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料  一般500(400)円、高大生300(200)円、小中生200(100)円

*( )内は20名以上の団体料金(いずれも税込価格)
*西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障害のある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
*割引券付ちらし持参の方は一般500円を400円に割引(複製不可)

西宮大谷記念美術館





開催が楽しみです。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:49| いけばな吉田泰巳先生の世界

2018年12月27日

低温やけど注意報






連日の夜間の冷え込みとエコブームで、
例年にない勢いで低温やけどが増えています。




IMG_1640.JPG






低温やけどは、最初は軽い水疱の様に見えますが
徐々に壊死が進行し、重症度を増す非常に危険な疾患です。





湯たんぽは寝る前には外し、余熱で寝るようにしてください。

低温やけどに気が付いたら、すぐに皮膚科を受診ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:57| 湿潤治療・ケガ、やけど

2018年12月18日

顔の白い膨らみはイボでなくて脂腺増殖症かも






おでこや頬にできる白い膨らみ。
「イボだと思います。とってほしいです。」
と受診される方も多いのですが、



ウイルス性のイボではなく、老人イボもなく・・・・
「脂腺増殖症」かもしれません。




脂腺増殖症.gif




脂腺増殖症は、皮膚の表面にある産毛の根本にある皮脂腺が


し3.gif



突然、増殖を始めて大きくなる疾患で



し5.gif


拡大
し6.gif








そのため、膨らみが生じるのです。






し7.gif



拡大

し8.gif








そのため、見えている飛び出し部分はほんの一部で
本体は毛穴の奥深くから立ち上がっています。







治療には、



1全摘出
2部分除去


の二つがあります。



全摘出は、局所麻酔をして、増殖した脂腺全体をRF波で除去します。
再発もありません。


部分除去は、とりあえず、膨らみ部分を水平に整える方法で、
液体窒素によって行い、簡便ですが本体が取り残されているので
再び増大してくることが多いようです。





また、肝心のことですが、悪性化(ガンになること)はないので
もちろん、治療せずに放置しても大丈夫です。



当院でも取り扱いの多い疾患ですので、ご相談ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:21| ホクロや皮膚癌

2018年12月17日

いけばな新作。綺麗。


嵯峨御流 吉田泰巳先生がいけばなをいけに来て下さいました。



IMG_9121.jpg






モノトーンの、清楚で若々しいいけばな。




IMG_1568.JPG






町中が色とりどりのクリスマスシーズンなのに
あえてこのシンプルな色目を選んでくださった吉田先生。





IMG_1567.jpg





まるで甘いものが続いた後のお口直しのような清涼感に感動。
慌ただしい年の瀬が、いけばなで落ち着いた気持ちになりました。





IMG_1569.jpg







流石、お師匠様、です。
吉田先生、ありがとうございました。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:31| いけばな吉田泰巳先生の世界

2018年12月15日

きれいに治すこと。




女性にとっても、一番綺麗でいたい年末年始。
当院のサロンも一年で一番忙しいのが12月の第3土曜。

今日がその日です。



ヒートマスク導入、エモリエント導入のごよ予約で
今日は満席。


それでもスタッフはお一人お一人に気持ちを込めて
丁寧に対応させていただきます。




寒いですから、お気をつけてお越しください。



yakei.gif






導入技術を使って、アトピーやニキビ、傷跡をきれいに治すことも
多数行なっています。



その理論を応用して保険診療でもできるだけ「跡を消す」ことを
心がけています。ぜひご相談ください。



診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:26| ヒートマスク導入

2018年12月10日

手荒れが冬にひどくなる理由




急に冷え込みましたね。
今月に入り、手荒れの患者さんが増えてきました。


手荒れ、というのは一般名で
実際には以下の疾患の総称です。




スクリーンショット 2018-12-10 15.25.29.png





1から3は寒い時期には血行が悪くなり乾燥するので症状が増悪します。

また、45は、血行の歩い時期は治す力も落ちるので症状が長引きます。



どれが原因かで治療も対策もちょっとずつ違うのですが、

刺激物を直接触らないこと
外出時には手袋などで保温すること

が大切です。



治療は、保湿が中心ですが、
保護のためのテープ、手袋など、日常のご提案もしていますので
安心してご相談ください。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:27| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2018年12月07日

外反母趾なのにどうしてもヒールが必要なら、この季節はブーツにしてください。






パーティーシーズン到来で、足元のおしゃれにも気を遣う季節になりました。


日頃は白衣の下にこっそり贔屓のJリーグチームのユニフォーム着てる私でさえ
この季節、神戸元町のお稽古場に行くときは、ちょっとドレスアップ。




そうなるとちょっとはヒールが欲しくなりますが、
外反母趾予備軍の私は、こんな靴を履くのは無理。


7dc87ead6d7df9ad14f3006b5ff27fb7_s.jpg
フリー画像







だってこういう構造の足を押し込めるんでから・・・

9ff25480f16dbb9596b883826fb20b37_s.jpg
フリー画像




(よっこいしょ、入るかな)



kutu.jpg



足の甲に注目、ダーツが寄っています。
当然足の骨の関節を無理に屈曲させて履いているのです。











そういう時はブーツです。




関連記事「歌手マドンナのハイヒール。(ダンスしてもブーツが大丈夫な理由)」



ブーツは

足の前滑りを甲の部分でグッと支え

E381B6E383BCE381A4E381AEE38288E381953-thumbnail2.jpg





足先が靴の前壁に潰されるのを防ぐからです。




E38396E383BCE38384E381AE4-thumbnail2.jpg






今日はこの記事を書こうと思っていたら、
今朝のNHKの「あさイチ」に三浦春馬さんが出ていて
ブロードウエイミュージカルの「キンキーブーツ」に
ドラァグ・クイーンのローラ役で出ている場面が映っていました。
(キンキーブーツは私も何回も見たお気に入り映画の舞台化です。)




あれだけの高身長、いくら痩せていても60キロ以上はある体重を
ダンスできるほど支えながらもヒールは20センチほしいとなると
やはりブーツが一番。





そう、
おしゃれはしたい、でもルミナリエに何時間も並ばねばならない、
そんな時も、外反母趾さんにはブーツが一番かもしれません。



合わせるなら、
短めのフェイクファーのコートで・
エレガントな広がりがある長めのスカートが今年風かも、です。



外反母趾世代でも、街へGO!
素敵なクリスマスをお過ごしくださいねぴかぴか(新しい)

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:21| 足・爪・靴に関する疾患

2018年12月06日

ニキビ肌で外出したくないほどだった私の、現在のお手入れ。




現在のこのクリニックは通学圏内の女子校で育った私ですので
今でも当時の同級生とは付き合いがあります。


その当時からの付き合いの彼女たちなら覚えていると思いますが

中学〜高校〜大学の12年間、
私の最も深い悩みは「相当重症のニキビ」でした。





当時を振り返ると、全く間違った治療をしていたことに気づきます。

間違ってた点は
1過剰な洗浄
2カバー力の強いメイク
3隠す髪型
4おやつの選択がコメドジェニック

などです。




開業当時もまだニキビがあって、濃いファンデーション気味だった気がします。



でも、
「せっかく開業して自由に肌を研究できるようになったのだから」
と、肌の解剖学生理学病理学を見直して開発したのが現在の化粧品シリーズです。




そこからは、もちろんニキビ知らずです。



そして月日が流れ、私も昔なら定年と言われる年齢に近づいてきました。



しかしながら、お世辞かもしれませんけども、
ありがたいことに「肌がツヤツヤですね」と言われます。





そう、ニキビ対策の我が化粧品は、アンチエイジングにもしっかり効果があったのです。





当院の古くからの患者さんも

「やめるのが怖い」
と続けておられて年齢不詳肌を私に披露してくださっています。



そうです、私も「やめるのが怖いです」




今後もどうぞよろしく、っと化粧品につぶやく私でした。






300x120_08.jpg

 芦屋柿本クリニックオリジナル化粧品の通販














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:33| 当院のオリジナル化粧品

2018年12月04日

爪白癬の治療薬の内服と外用について




爪白癬に、協力な味方が登場してもう数年経ちます。


白く肥厚した爪白癬を治す薬は現在、大きく分けて3種類あります。


誕生の古い順から

1従来からある外用薬(クリーム、軟膏、液体)
2内服薬
3爪白癬専用の新外用薬(ルコナックやクレナフィン)




まず1が発明されましたが
爪白癬のような頑固な水虫を治すことが困難だったため2が開発されました。
しかし、内服薬には色々制約があり飲めない人には新しく登場した3が便利です。



私のクリニックでは全て処方していますが、
効果の感触としては
231
のように感じます。




そうすると、誰でもが思うことですが、



23を一緒に塗ったら、すごく効くのでは?」


そうに違いないのですが、
残念ながら1つの薬剤でも十分な効果が発揮できる場合に
2つを使うことは過剰治療と見なされ

(見なすのは保険審査の機関です)



「保険が適応されません。」





ところが、12のミックスは保険適応になります。






爪白癬.gif





私たち現場の医師は、
審査機関の意向を伺いながら処方しています。
患者さんにはわかりにくい、保険診療のカラクリかもしれません。
















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:20| 足・爪・靴に関する疾患

2018年12月03日

いけばな新作。抑えた色目で静かなクリスマスを迎える準備です。






嵯峨御流・吉田泰巳先生がいけばなをいけに来てくださいました。






IMG_1474.jpg





やや濃い緑色のヒバにはよく見ると実がびっちり



IMG_1471.jpg






薄いピンクの花序を持ったアンスリューム


IMG_1472.jpg




それらが素敵なメロディーとなって楽しそうな作品です。




どちらもクリスマスの定番の樹木や花ですが、
吉田先生らしく、色目を抑えてとても上品。







そうお伝えした時の、先生の笑顔です。

IMG_8940.jpg








先生、今日もありがとうございました。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:48| いけばな吉田泰巳先生の世界