2019年01月11日

分厚くて切れない足の爪の自宅処置。


分厚くなったシニアの足の爪。



IMG_1824.jpg





発症原因は

爪白癬(案外少ない)
爪甲鉤彎症
内科疾患によるもの
加齢

などなどです。





当院でも、切ることが困難で、
治療用のニッパーを持ってしてもこんな厚い爪では
歯が立ちません。






そんな時、
医師になってすぐに先輩ドクターに教えてもらった自宅処置法を
今でも患者さんにお勧めしています。





用意するのは
1尿素20パーセント軟膏(当院で処方しますが、市販品もあります。)

IMG_1825.JPG



2使い捨ての手袋(当院でも購入可能)

IMG_1831.jpg




3テープ(当院でも購入可能)

IMG_1832.jpg







処置方法

1 手袋の指部分をカットします。
  治療する爪の大きさに近い手袋の指を用意するといいでしょう。

IMG_1826.JPG




2 手袋の内側の先の方に尿素軟膏を搾りいれます。
  量は多めの方が効果が高いです。

IMG_1828.JPG



3 爪が分厚くなっている指にかぶせます。

IMG_1829.JPG



4 根元をテープで固定して抜けないようにします。

IMG_1830.JPG



この治療中は、毎日入浴か足浴をしてください。
洗うことが困難な方はたっぶり水分を含んだ濡れタオルで拭いてください。


入浴の後に上記のように取り付けて設置しこの状態で24時間過ごし、
次の入浴時には外して洗います。
 






この処置を一週間も続けていただくと、
手で剥けるほど爪が軟化します。






是非、お試しください。



















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:06| 足・爪・靴に関する疾患