2019年02月21日

いけばな新作。




吉田泰巳先生がいけばなをいけに来てくださいました。

いつものようにダイナミックにいけてゆかれます。






IMG_9848.JPG











花に赤を効かせて、後ろの絵の赤が浮き上がる技法で
空間に立体感を出してくださいました。




IMG_9852.jpg








吉田先生、いつもありがとうございます。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:10| いけばな吉田泰巳先生の世界

2019年02月19日

春が近いのですね。ピアスのご相談が増えています。





寒い雨の1日になりそうですが、
やっぱり春は近いのですね。



昨日帰宅したら、梅が満開で、周囲は香りが立ち込めています。


IMG_2201.jpg




日曜に、綿棒を使って受粉作業をしたので、
初夏には梅の実(青梅)が見られることでしょう。
楽しみです。









医院でも、春だなあーと感じさせられるのは
ピアスの設置希望の方の来院が増えること。







私の一番のオススメは毎年ですが、これ





IMG_2203.jpg






大人カワイイ女子を目指す方々に人気です。






特に肌の艶が落ちてきている年齢層には、耳元にキラリと
透明感のあるきらめきがあると、グッとお顔が華やぎます。





ピアスはスエーデン製の医療プラスチック製ですので
金属フリーですから、その面も安心です。





ピアスに関する記事、価格はこちらをご覧ください。
http://ashiya-kakimotoclinic.com/pierce/










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:52| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年02月16日

皮膚腫瘍を除去するかどうか。




皮膚腫瘍のご相談は、毎日数件あります。


2016年から2018年の3年間で
当院が切除手術した皮膚腫瘍は以下の通りです。



色素性母斑(俗称ほくろ) 66例
アテローム  27例 (切開排膿症例は除く)
脂漏性角化症(俗称老人いぼ)32例
軟線維腫  10例
扁平上皮癌(悪性) 1例
基底細胞上皮腫(悪性) 3例
日光角化症(悪性) 2例
ボーエン病(悪性)  2例  
ケラトアカントーマ(悪性に分類する説もある) 2例
他臓器腫瘍の皮膚転移  1例  
毛細血管拡張性肉芽腫  1例
神経線維腫  1例
静脈湖  1例
血管腫  2例
眼瞼黄色腫  1例





どうですか?
聞いたことのないような名前ばかりではないかと思います。
そして、「ほくろ」や「いぼ」という病名がないことにも
ご注目ください。


「ほくろ」や「いぼ」は
大昔から日本人が、分類とは関係なく呼んできた俗称で


鶴もカラスも区別なく「鳥」というのと同じです。







実際の患者さんはご自身の皮膚腫瘍を
「ほくろ」とか「いぼ」と表現されます。




「それは、皮膚線維腫ですよ」
とお伝えすると

「え?いぼじゃないんですか?」
とおっしゃる場面は、診察室ではよくあることですので
お気になさらずに。いい気分(温泉)








それぞれの腫瘍に細かな特徴があるので
私たち皮膚科医は、見れば予測がつくのですが、

切除手術をして病理検査の結果が出てみないと
確定診断にはなりません。


予想が覆されることも、時々はございます。





と、検査を勧めるような文章になってしまいましたが、
現在、予約を新たに受け付ける枠が、残りわずかです。
気になっておられる方は、早めのご相談を。






IMG_2180.JPG













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:09| ホクロや皮膚癌

2019年02月14日

卒業式、入学式前のシワ取りのご相談が増えています。






表情豊かな人は、感情も豊かで、
周囲からの人気も高いと言われていますが


その分、シワはできやすいかもしれません。





BOTOXVISTAロゴ.jpg






ボトックスは、くるくる動く表情筋を止めることができる
大発明の薬剤です。













こんな困った顔のシワも



before3.jpg





ボトックスを注入すると、上のような表情をしようとしても
筋肉が寄りません。







after3.jpg














よく効くので、初めて注入すると皆さん「これはいいわ!」と思いますが、
しっかり表情を消しすぎると、表情が落ち着きすぎて

「今日は静かね」と思われるかもしれません。






そんな時に、少量の注入で、軽めの効果を上げるプランを
昨年から期間限定でスタートしたのですが




大変好評のため、そのまま継続しております。




春は卒業式や入学式を控え、お母様の施術が増えています。

まずは診察でご相談ください。








ボトックス







関連記事
「期間限定のつもりだった「ちょっとだけシワ取りボトックス」、好評につきこのまま続行します。」












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:25| ボトックスビスタ

2019年02月12日

そろそろ、肌に水分を飲ませてあげるタイミング。



寒さと乾燥で、
久しぶりにフォトセラピーやヒートマスクをしにくる患者さんが増えています。



ご自宅での保湿手入れには限界があることを
体感している方々です。






スーパーフォトの施術をしている時も感じるのですが
肌が飲むように当院のローションを吸い込んでいく時があります。






87918117_th.jpg







スーパーフォトにはこの当院のオリジナルの化粧水を使います。
これをコットンに大量に含ませて肌にのせ、保湿しながら照射するのです。




その時のローションの吸い込み方で、普段の保湿が十分かどうかも
わかります。




まるで肌がローションをゴクゴク飲むように、
びっくりするほどローションを使わねばならない肌の方がいるからです。





お尋ねすると、やはりご自宅での保湿は不十分なように思います。





一度騙されたと思って、普段のお手入れにも使ってください、と
お伝えします。
通常の市販化粧水ではありえないほどの保湿成分の濃度で作成してもらったローションです。





その毎日使いがあって、
フォトやヒートマスク導入の治療が完成するように設計されています。







お求めは
http://cosme-kakimoto.com









写真は今朝の開院前クリニック。少し春めいた日差しですね。


IMG_2170.jpg











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:22| 当院のオリジナル化粧品

2019年02月09日

低温やけど注意報 第2弾。




急な冷え込みで、初春の陽気に気持ちが緩んでいた私は
ついつい電気毛布の設定温度を強めてしまいます。



眠るときに暖をとるのに、最も肌を傷めないものはなんでしょうか。



室温そのものを上昇させるには

エアコン、暖炉、ストーブ、石油ヒーターなどでしょうが

関西の都市部では、規制や火災を配慮するとエアコンになるのではないでしょうか。




エアコンの欠点は電気代が高いことと、湿度が下がってしまうこと。
湿度の低下は乾燥肌を助長しますので、
乾燥肌で皮膚科で保湿治療をされている方なら、加湿器を併用するといいでしょう。







次に、布団を温める方法では
電気あんか、電気毛布、湯たんぽなどが考えられます。



電気毛布は、私も愛用者ですが、
大変心地いいのですが、かなり手足は乾燥します。
私の膝下は粉がふくくらいに乾燥していますふらふら

しかし山間部に住む私には、電気毛布なしでは冬を過ごせません。
患者さんには、保湿をしっかりと、とお伝えする私ですが
面倒で、カサカサなまま放置していて、夏になるのを待っている状況です雪








電気あんかは、都市部の、気密性の高いマンションなどでは
ちょうどいいかもしれません。
過度に乾燥することもありません。






湯たんぽは、電気消費がゼロでエコの時代もあって
昭和以来の大ブームだそうです。

しかし、湯たんぽのリバイバル以降、爆発的に低温やけどが増えました。
本来の湯たんぽの使い方は、寝る前の布団を温めること。
温まったら布団から取り出すのが正しい使い方です。




今朝も芦屋市内、冷え込んでおります。
そろそろ開院の時間。


雪はありませんが、お気をつけてお越しください。



image1.jpeg






















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:03| 湿潤治療・ケガ、やけど

2019年02月08日

いけばな新作。 春を先取り。





嵯峨御流、吉田泰巳先生がいけばなをいけに来て下さいました。







IMG_2103.jpg








新年から
傘寿のお祝いを神戸オークラで300人からのお客様で盛大になさり、
東京横浜方面の先生のお生徒さんたちとの新年会も終え、



先生も、ちょっとお時間ができたようです。










IMG_2115.jpg









春を先どる、素晴らしい色合いの花々。











IMG_2123.jpg






先生も、ご満足のようでした。

吉田先生、いつもありがとうございます。

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:39| いけばな吉田泰巳先生の世界

2019年02月04日

立春、今日から運気も変わるそうです。





昨日は節分の日曜日。


悔しかったアジアカップの決勝のことは頭の隅に追いやって
庭掃除で気分転換しました。





(それにしても、アジアカップ決勝で日本が負けた直後の、深夜1時過ぎの
 当院のブログアクセス数が3000越えだったんですがたらーっ(汗)
 みなさん、ご注目いただきありがとうございました。
 ええ、泣いていましたふらふら
 Jリーグも開幕しますし、夏のコパアメリカもあるので、気持ちを立て直します。)




さて、庭ですが、梅が満開でした。


IMG_2030.jpg








庭が狭いので、定期的に枝を落とさねばならないのですが
いつも花が咲くのを待って、生花用に切ることにしています。





曙という名の椿も見ごろだったので、
こんもりといけてみました。
コミカルいけばなです。




IMG_2041.jpg







開けて今朝は立春。
雨の後のいいお天気で、出勤してくると
クリニックも朝日を浴びて美しく輝いて見えます。




IMG_2044.jpg





こんなに建物が輝いて見えるのも珍しいので見上げながら歩いていると
チーチーと鳥の声。





メジロのつがいが当院の紅葉の芽をついばんでいるようです。




メジロ.gif




幸せな気持ちになりました。





今日は春分で、新しい運気の変わる日だそうですね。
決断や動き出すには1年で一番いい日かもしれないそうです。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:44| 医療以外のつぶやき

2019年02月02日

目の周りや顔面の皮膚炎、花粉症の皮膚症状かも






今年は1月の下旬から、例年より早く花粉が大量に飛来し、
その影響で顔面の特に眼周囲に皮膚炎を発症させた患者さんが
多く来院されています。





花粉症がある人はどうして皮膚症状が出るのでしょう。


例えば私はハンノキアレルギーなのですが
自宅の前にハンノキの巨木があり、その木が落とす花芽が
道路一面に散らばるので
それを無防備に掃除すると、舞い散った花粉が顔面に飛びかかり
数分でとても痒くなります。




そこですぐに洗顔すれば、被害は軽いのですが、



もし、そのまま目をゴシゴシこすったり
顔をかきむしったりすると


その刺激で顔面が腫れ上がります。




予防としては、

1血液検査で、アレルギーのある花粉を特定する
2内服薬で予防する(これ大事)
3アレルギーのある花粉の多いところに行かない
4マスク眼鏡帽子なども活用する



それでも発症したら、
アレルギーであることを見極めてもらえる医院で治療することが大切です。
そして外用剤を丁寧に塗り、決してゴシゴシ洗わないことも大事です。








写真は今朝の開院前の待合室。
今日はどんな患者さんが来られるのかなあ。











IMG_1992.JPG

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:05| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年02月01日

決戦は今夜。





今日は、これで出勤。






01CC7B84-1EEC-4BE1-934F-5C7F3B631EB8.jpeg







本日2月1日(金)日本時間23:00
4年に1度のアジアNo.1 を決める戦いアジアカップサッカーの、いよいよ決勝です。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:28| 医療以外のつぶやき