2019年03月29日

「四条派への道」展




大谷記念美術館の越智館長様が
次回の展示のご案内を持ってきてくださいました。



「四条派への道 呉春を中心として」



IMG_2478.jpg






呉春(ごしゅん)は、京都の有力商家の出身で
池田や京都を活動の拠点とした作家です。
(池田の地酒の「呉春」も、彼にちなんで名付けられました。)


器用で芸事にも巧みな粋人だった呉春は、
しかし波乱万丈の人生を送り、
その都度、器用に画風も変遷します。


師匠に与謝蕪村を持っていた時代は漢画、文人画を描きましたが
その後京都に戻っては円山応挙が彼に影響を与え写生画へと移行します。


岸駒など多くの作家との合作があることから
当時注目の売れっ子作家で、企画が次々持ち込まれていたことが
よくわかります。



華やかな芸妓衆の三味線が聞こえるお座敷の宴の席に
とても重宝されただろうと思う絵で、
今はほとんど残っていない、日本の大人の遊びを偲ぶことができます。








四条派への道 呉春を中心として

http://otanimuseum.jp/exhibition_190406.html



会期
2019年4月6日(土)〜5月12日(日)
会期中に一部展示替をおこないます。
<前期>4月6日(土)〜4月23日(火)
<後期>4月25日(木)〜5月12日(日)
休館日  水曜日 ※5月1日(水・祝)は開館
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)




越智先生、
いつもありがとうございます。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:50| 医療以外のつぶやき

2019年03月25日

下肢静脈瘤と皮膚炎。




膝下に直径5ミリから1センチほどの血管が盛り上がるように浮き上がっていたら


それが「下肢静脈瘤」です。






心臓からドクン、と送り出された血液は足の指先まで届けれらますが





名称未設定 1.jpg






今度は心臓に戻らねばなりません。





名称未設定 2.jpg







しかし、重力に逆らって水を高いところにあげるのは大変なことです。





水をマンションの上層階から下に流すのは簡単ですが
逆に上層階に水を上げるには、強力なポンプが必要です。







その役目をしてるのが静脈の中にある弁なのですが
色んな事情で、弁の働きが弱ってきます。



1)加齢
2)運動不足
3)生活習慣病
4)長時間の立ち仕事や座り仕事





弁の働きが弱ると、心臓に返せない血液が下肢に停滞し


痛い
歩行困難
血管が膨れる(静脈瘤)


などの症状が生じ、



そして静脈瘤が重症化すると皮膚にも影響ができて



慢性の鬱滞性皮膚炎や皮膚潰瘍が生じます。





下肢静脈瘤は、心臓血管外科がメインで診察していて
近年は治療技術が格段に進みました。




当院では、下肢の皮膚炎でお越しの方に静脈瘤が生じていないか
確認し、


重症例は心臓血管外科へ紹介しています。




ご心配な方はご相談ください。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:30| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年03月19日

辛抱も必要なニキビ治療。




今日も、ニキビの10代の方の受診の多い朝でした。




ニキビ治療は1日にしては成らず。
頑張りましょうね!





wp_1024.jpg














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:23| にきび治療

2019年03月18日

いけばな新作。「不思議な世界」





嵯峨御流・吉田泰巳先生がいけばなをいけに来てくださいました。




IMG_0140.jpg







いけておられる姿を見ながら
「かわいいー」




IMG_0141.jpg





とか



「不思議な世界」





IMG_0146.jpg





とかギャラリー(私たち)から声が上がります









「不思議な世界やろ」と先生。(笑)









IMG_0147.jpg










優しく不思議な世界。






IMG_0148.jpg








吉田先生、今日もありがとうございました。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:35| いけばな吉田泰巳先生の世界

2019年03月02日

水いぼが自然治癒する瞬間。


水いぼを治療するには




1中にあるモルスクムボディを摘除するか


水いぼ2.jpg




2自然治癒するのを待つか



なのですが、




その自然治癒は、水いぼが気がついたら消えている、と言うことはあまりなくて








一旦、かなり炎症を生じ、真っ赤で痒い症状が出ます。





水いぼ3.jpg





あんまり痒いので、引っ掻くと、モルスクムボディも削り出て
その後治ります。




水いぼ5.jpg








今現在、どの状態なのか、
わからないことがあったら診察しますので来て下さい。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:54| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年03月01日

いけばな新作。春満開の百合です。






嵯峨御流、吉田泰巳先生がいけばなをいけに来て下さいました。




IMG_9996.jpg







バランスを見ながらいけていかれます。








IMG_9998.jpg











完成です。












IMG_0005.jpg







吉田先生、今日もありがとうございました。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:00| いけばな吉田泰巳先生の世界