2019年11月05日

パッチテスト Q and A




パッチテストの流れを公式サイトに書いていますが、細かい疑問にお答えします。
公式サイトのパッチテストの記事はこちらhttps://ashiya-kakimotoclinic.com/service/dermatology/allergy-test/




Q1)
パッチテストのタイムスケジュールは?何日かかりますか?
A1)
初日 背中に調べたいものを当院で貼ります。一度に50品目以上検査する人もいます
48時間後 背中に貼っていたものを当院ではがします。
72時間後 当院で判定。(つまり 3 回受診が必要。)

合計3泊4日間、ご自宅で汗もかかず、背中は洗わずにすごしてください。
厳密な検査なので、外出で汗ばんだり剥がれないように万全の態勢で臨んでく ださい。
ベストシーズンは真冬です。


Q2)
予約は必要ですか?
A2)
パッチテストをする日の予約は必要ですが、その前にもあらかじめ、パッチテストの注意事項をお話しするのに30分ほどの時間が必要です。
そのため、パッチテストをしたい日程よりも2週間ほど前にお越しください。


Q3)
どんなものを重点的に調べたらいいですか?
A3)
多くの場合、顔や頭皮に症状が出ているはずです。当院で行なった過去のパッチテストの結果を見ても、最も原因として多いのは洗顔とシャンプーです。
もし、ご自身で使っているシャンプーや洗顔が陽性反応(かぶれるもの)だった時のことを考えて、あらかじめ他のメーカーの製品も検査しておくことをお勧めします。


Q4)
調べたもの全部が陽性(かぶれるもの)だったら、どうなりますか?
A4)
使っても大丈夫なものが見つからなかったので、再度検査が必要です。
何回も検査を繰り返す方もおられますが、少ない回数で済ませるためにも、最初の検査の時に多くの製品を準備してください。


Q5)
検査で陽性だったものを、1年くらいしたら使えますか?
A5)
まず、またかぶれます。



Q6)
背中に貼ってから判定までの間、お風呂は入れますか?
A6)
貼った部分を濡らさなければ入れます。
例えば下半身だけシャワー浴とか、美容院で洗髪してもらうなどの工夫が必要です。


Q7)
検査中の服装はどうしたらいいですか?
A7)
着替えの時にテープが剥がれやすくなる服装は適しません。前あきのワイシャツのようなものが適しています。
密着した化学繊維の下着や、セーターなどは適しません。




Q8)
本当に大変そうな検査ですね、検査をすることを避けたいのですが。
A8)
はい、患者さんも大変ですが、当院スタッフも担当するのに熟練の技を要求されますし、患者さんへの説明や当日のテープの用意など、本当に大変な検査です。(そのため、パッチテストを行えない医院や病院が増えています。)
もし、今までどんな治療でも治らない状況で、「どうしてだろう」「原因を特定したい」と考えるならば、最適な検査です。



Q9)
何曜日からでも始められますか?
A9)
決まっています。
火曜日スタート、木曜に剥がして金曜日に判定。
または
土曜日スタート、月曜に剥がして火曜に判定。

この2コースです。



Q10)
パッチテストをどうしても受けたいです。パッチテストの説明を聞くのに予約は必要ですか?
A10)
まずお電話くださって、パッチテストをしたいとお伝えくださった上で診察の予約を取ってください。パッチテストの予約の前に入念な打ち合わせが必要ですので、当院サイドもその時間の確保が必要になります。どうぞご協力ください。また、説明を聞いて、パッチテストを受けないことも可能ですので、ご安心ください。
(2019年11月7日追記)





IMG_4149.jpg
庭のさざんかと石蕗(つわぶき)。秋が深まってきました。



posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:37| その他のいろんな皮膚科疾患の治療