2020年01月18日

再発見、アクシダームのリフト効果。



「アクシダームは、肝斑に最強の施術」
その手応えを感じている私だったのですが、


この1年ほどで、あらためてリフト効果を見直すことになりました。



頬のたるみ、顎のラインのリフトに、月1のお手入れの度に引き締まりシャープになる実績を残せているからです。






アクシダームの詳細はこちらの記事をご覧ください。
http://dr-kakimoto.com/article/186315567.html

roll_on_skin-thumbnail2.jpg




本日のような土曜日は、おかえりの際に次の月の予約を取られる方が多いので当日朝には満席の状況が続いていますが、平日ならば予約も取りやすい状況です。

ぜひ、ご相談ください。




IMG_4817.JPG
今朝の施術ブース。





診察のご予約は

電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg





兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
Googleマップはこちら

東隣のダイエー東芦屋店の駐車場をご利用ください。




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:56| アクシダーム治療

2020年01月17日

水仙が咲いてきました。



ブース内のお花は庭から摘んでくるようにしているのですが

サザンカの見頃がもうそろそろ終了しそう。

IMG_4816.jpg




椿も、次に咲く品種まで少し時間がかかりそうで
困ったなあと思っていたら


今朝、水仙が開花しているのを見つけました。


IMG_4815.jpg



今日は、阪神淡路大震災から25年目の朝です。
当院の患者様にも甚大な被害を与えたあの日から、もう25年なんですね。
ちょうど水仙が満開の時期だったことを思い出しています。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:21| 医療以外のつぶやき

2020年01月16日

血が止まってカサブタになったのは、治ったのではないので



よく

「出血してたので乾かしていました。」
「乾いたので大丈夫だと思いました。」

という場面に出会います。



お子さんの顔のけがを、数日経って連れてこられるケースの時が多いです。




スクリーンショット 2020-01-16 9.33.27.png
フリー画像です。





それは、現代の最先端の創傷治療の常識ではなくなっています。





傷は、かさぶたの段階では、まだ完治していません。
むしろ、きれいに直すならば、乾いたカサブタは危険信号なのです。
きれいに直すのならば、カサブタを空気にさらさず、湿潤環境に置かねばなりません。



創傷治療について
https://ashiya-kakimotoclinic.com/service/skin_surgery/injury_burn/



当院から少し離れた保育園のお話ですが、
園内でけがが発生すると、その足で先生が生徒を当院にお連れになります。
先生にとってはすごく大変なお手間だと思います。
しかし即時の治療がどれほど効果的か園長先生はご存知なのです。




けがをしたら、
ワセリンでもいいのでたっぷり外用して、当日または翌日には
かかりつけ医にご相談ください。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:45| 湿潤治療・ケガ、やけど

2020年01月14日

金属や化粧品アレルギーの原因特定のパッチテストのシーズンは3月くらいまでです。





貴金属や
3c82225282225252ce8fd6d8bcc008ec_s.jpg

化粧品
14cdf03184dc490035a001f8e1c00679_s.jpg



それだけでなく、病院からの処方薬
999347157d37f950de26ba4820bd8da6_s.jpg




これらが原因で


顔が赤くなる、痒くなる
時にはニキビの原因となることも、多いのです。







その検査のパッチテストは、ご本人の病状を解明して治療していく中で
とても大切で欠かせない検査です。


検査の流れは公式サイトをご覧ください。
https://ashiya-kakimotoclinic.com/service/dermatology/allergy-test/



パッチテストに最適なシーズンは、11月から3月までくらいの気温の低く汗をかかない時期です。
今が一番適しているので、どうぞご相談ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:02| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2020年01月12日

勝てるはずの。



現在、ハーフタイム中。
1-1。
勝てるはず!


A3F00A32-0C9E-4BD7-9DB5-415709E06DA0.jpeg




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 23:08| 医療以外のつぶやき

2020年01月11日

男子学生のニキビのご相談が増えています。


お母さまと御一緒に受診される高校生から大学生の男子のニキビのご相談が毎日相次いでいます。

友人のご紹介もありますが、ネット検索などで当院にたどり着く方も多いようです。



男子のニキビは、
「不潔にしているから」という思い込みが増悪の原因になっていることも多いように感じます。
どういうことかというと、
清潔にしないからニキビができると本人や家族が思ってしまうと

強力な脱脂力の洗顔フォームで、時にはブラシを使って洗顔してしまいます。



その対策を含めたニキビ治療は公式サイトの記事をお読みください。
https://ashiya-kakimotoclinic.com/service/dermatology/acne/




残念ながらその人に本当に適合する素肌ケアは、薬局やコンビニなどで販売しているニキビケアの製品とは考え方が真逆なものもあります。
本当に適合する素肌ケアのヒントをお伝えするだけで、1ヶ月後の受診時には見違えるように赤みが引いている患者さんも多いように感じます。当院は保険適応の薬を処方するだけ、あとはご本人に毎日のケアの方法を見直してもらいます。


最初の処方は「傷ついた肌の修復」。
修復が完了したらニキビが同時に消える人が6割くらいです。

それでもニキビが残存していたら、次の段階に移ります。
アダパレンなどの剥離作用のある薬を追加したり、面疱圧出を行ったり、近赤外線を照射したり。
全て国が認めている保険診療です。


上記のステップの進行速度はお一人ずつ違います。
慌てずに、ヤケを起こさないように。
それが大切です。






8F020DD5-9D3C-48DA-B191-594749B40DEE.jpeg

今朝の花。
庭の蝋梅がほころび始めました。椿は曙という品種です。
野生のものなので、花びらが痛んでいますが、どうぞお許しください。
花器は唐津の「あや窯」。中里文子さんの作品です。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:32| にきび治療

2020年01月09日

初荷。





当院の化粧品の通販部門。
1月6日が、令和2年の初荷の日となりました。



スクリーンショット 2020-01-09 9.17.59.png
VoCE2020年2月号より





スターラックスフォト治療の前後の自宅ケアに、
ニキビ肌の改善に、
小じわ対策に、
全てをカバーしてくれるようにと作成しました。




スターラックス.jpg
スターラックスフォト治療中の写真




初荷の手配を慌ただしくしてしまい、発送完了時にお送りするメールを
当院から送信できていない方がおられるようでした。
もうお手元に届いているようですが、大変失礼いたしました。
新年早々、お詫び申し上げます。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:18| 当院のオリジナル化粧品

2020年01月07日

陥入爪、巻き爪の治療は「痛い状態を、どう治す?」



Depositphotos_9427337_s-2019.jpg





「足の爪が痛い」と、初診時の問診票に書かれる方は毎日のようにおられます。




その多くは、足の爪の周囲に炎症が生じて浸出液が出て腫れ上がっている状態です。



kannyuu2.jpg












こうなる原因としては大きく分けて二つに分類されます。




1)靴などの圧迫

  kannyuu3.jpg





2)爪白癬や爪甲鉤彎症による爪の肥厚

  tineau.jpg
フリー画像です。





各々治療法は違いますが、
「痛い」という理由で来院されるので、「痛くなくする」ことが大切です。





ご本人の生活状況を問診しながら、


1)今すぐ治療して痛みが軽減するのか時間がかかるのか
2)その治療は、無痛か、少し痛むか、麻酔をして行うか
3)大きなスポーツ大会を控えていないか
4)その場合は治療を先送りして、目の前の大会をやり過ごす方法を考えるか
5)通院できる頻度はどの程度か
6)制靴などが原因の場合、会社や学校に協力を要請できるか
7)爪の負担のきつくなる競技に全力を傾けている若者を、どう長期にわたってサポートするか




などを、お子さんの場合は親御さんを交えて話し合って治療方針を決めます。



それは、本当に、百人百様で、すごく繊細です。



上記にも触れましたが、足の爪の負担のきつい競技や習い事はあります。


1)締め付けることが原因のもの
バレエ(トウシューズ)、日本舞踊(足袋)
→美しさのためですから、改善は困難です。

2)ダッシュとストップを繰り返す競技(靴の中壁に爪先が激突してしまう)
バスケットボール、テニス
→甲の部分の靴紐をしっかり締めて靴の前部に空間を作ることを意識してください。

3)下りの多い競技
登山、ハイキング
→甲の部分の靴紐をしっかり締めて靴の前部に空間を作ることを意識してください。

4)足先に衝撃が加わる競技
サッカー、野球、陸上
→難しい問題です。プロの選手の中にも、爪先に空間がない方が力が入るという理由で窮屈なシューズを好む選手もいます。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:36| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2020年01月04日

本日令和2年1月4日より診療開始いたします。新規の方は11:30まで。



IMG_4694.JPG



あけましておめでとうございます。
好天に恵まれ、素晴らしい年明けをお迎えになった方も多いのではないかと思います。
本年も柿本クリニックをどうぞよろしくお願い申し上げます。


本日より診療開始いたします。土曜日のため、午前中のみの診療となっております。
新規の患者様は11時半が最終受付の締め切り時間となりますのでご注意ください。




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:51| 医院からのお知らせ