2020年02月04日

この機会の受診について



今回の新型コロナウイルスの感染症の発症により
皮膚科外来は通常よりお迎えする患者さんの数は少なくなっています。
たとえ呼吸器疾患と関係のない皮膚科であっても、「人の多い医療機関に行くリスク」を考えて外出を控えている方が多いように感じます。


2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)
2009年の新型インフルエンザ
の時も当院は全く同じ経験をしました。


確かに免疫能の下がっている重症アトピーの方などは外出を控えられる方が多いのも頷けます。
ただ、もし健康に不安のない方で、ニキビ、シミ、シワ、皮膚腫瘍などのご相談がある方はこの機会がスムーズな診察の機会になるかもしれません。(上記の感染症の流行期もそうでした。)



当院は院長以下スタッフ全員女性のため、開業以来多くの女性ならではの疾患にも携わってきました。反面、スタッフに威圧的な方の対応にみんな慣れておらず、長年の懸案でした。近年、そのようなスタッフの心身のストレスに雇用側にも対策を求められる時代に変わってきたこともあり、昨年秋からそのようなケースに対応できるように変革を始めました。それによって常に穏やかな環境で受付業務や診療が笑顔でできるようになり、私もやっと安心して診療ができています。



よろしければ、皆様も安心して受診なさってください。






IMG_4860.jpeg
昨年秋に向かいのダイエーさんで購入したアネモネの球根がもうすぐ開花するところまで来ました。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:30| 医院からのお知らせ