2020年05月18日

デュピクセント治療中に当院でお手伝いできる事





デュピクセントレジスタードマークは、サイトカインという物質の働きを抑える事で、
炎症反応を抑制する新しいタイプの注射剤です。
それによって、かゆみなどの症状や、皮疹などの皮膚症状を改善します。


当院では
長年コントロールに苦慮している多くの患者さんを兵庫医大を中心とした
治療施設の整った病院へご紹介してきました。



デュピクセント紹介は以下をご覧ください。

スクリーンショット 2020-05-18 9.36.58.png


サノフィ公式サイト
「デュピクセントを使用される患者さんへ」



本年4月から、薬価が下がり、
3割負担の患者さんで月に5万円かかっていた治療費が4万円まで値下がりされました。


それでも高額医療には変わりないので、高額療養費の支給制度を利用している方も多いようです。


スクリーンショット 2020-05-18 9.39.25.png

高額療養費シミュレーション




当院も、できるだけ医療費の相談に乗ってくださる医療ソーシャルワーカーが
駐在している病院を紹介するようにしています。




紹介後の患者さんのその後ですが以下のようなパターンがあります。

1)数回は病院で注射して、その後は自宅で2週間おきに自分で自己注射をするように変更

2)自己注射期間中で、皮膚外用剤の必要があるときは当院に相談

3)自己注射を含め、開業医レベルへの転院


当院は自己注射の処方などは行っておりませんので、
3)の場合は、完全に当院の手を離れることになります。




さて、さらにそのアフターケアとして当院ができることをここに書いておきます。


もし、当院が紹介してデュピクセントを開始した患者さんで
効果が出にくい、または他の理由でご相談があるとき


どうぞ、お越しください。
事情をお聞かせください。
もちろん、守秘義務を守りますのでご心配なく。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:54| アトピー性皮膚炎