2020年06月05日

ケガが増えてい流ので、再度「ケガをした時に行う事」。


外出が解放されたこともあって、ケガが増えています。
再度、ケガの時の注意点をまとめてみました。



スクリーンショット 2020-06-05 9.28.35.png


医院にくるメリットは、
「跡を残さないようにきれいに治すこと」



そのためにも、できるだけ早い受診が望まれますが、
医院が休みの時には慌てずに、以下の処置をして
休み明けに来院してください。




1)骨折をしていないか
(判断が難しい時は救急病院を受診しましょう)

2)止血できるか
動脈を切って、ドクドク出血しているということは
運動会レベルではあまり起こりません。
多くの場合、タオルなどで圧迫することで止血できます。
   
3)砂利が混じっていないか
流水で洗浄し、砂利などは落としましょう。
その時、やや出血しても、または痛くても
後々刺青になることを考えると洗浄が推奨されますが
あまりに怖い、痛いときは、休み明けに医院に相談してください。

4)ここで過度な消毒は良くありません。

5)固着させないように被覆する。
家にあるワセリンなどを患部に塗り、ガーゼなどで覆います。
ガーゼを剥がすときにこびりついて痛みが生じないように
出血部位にラップを乗せてからガーゼを巻くのも効果的です。

ただし、空気を通さないほどラップでぐるぐる巻きは良くありません。

キズパワーパッドは出血浸出液の多い創面にはあまり適しませんが
医院に行くまでに1〜2日なら構いません。




医院に行けるまで2日ほどある時は、
毎晩風呂場でシャワーで患部を洗いましょう。
(恐ければいいです)

医院が開院したら、すぐに受診してください。






スクリーンショット 2020-06-05 9.29.22.png


「ケガをしたら、どうも湿潤環境治療がいいらしい」

という知識が広まってきているように思います。
しかし、本来自宅で治すには無理があるような重傷のものを治そうとして、手に負えないほど悪化して来院する方が年々増えています。



失敗の原因は
1)キズパワーパッドの使い方の間違い
2)そもそもキズパワーパッドの適応を超えた重傷

の2つがあるようです。


キズパワーパッドの公式サイトには詳細な使い方や、適応になる疾患、ならない疾患が記載されています。
(それらを十分に読んでご利用されることをお勧めします。)





受診の多くは、以下のような症例です。

キズパワーパッドの適応になる「軽いすりキズ」という深さを超えた重症の擦過傷を、キズパワーパッドで止血目的も兼ねて封鎖してしまっている。



hizakegakizupawa-pad.jpg




キズパワーパッドを外すと浸出液と血が流れ出します。


kegakizupawa-.jpg




膿も流れ出ることも多く、閉鎖した状況下で細菌感染を生じてしまっているようです。





この場合は、軟膏による湿潤環境治療が適しています。



抗生物質入り軟膏を大量に外用し、患部にこびりつかないシリコン製のガーゼで覆う。
夜はシャワーで洗う。


この方法に切り替えると速やかに治っていきます。









関連記事「ケガの応急処置」「キズパワーパッドの使い方」など
posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:31| 湿潤治療・ケガ、やけど