2020年07月13日

密を避けての野山体験、足元は長靴を推奨します。


CIMG0995.JPG
横谷峡 (長野県 茅野市 蓼科高原)



お子さんを連れて、密を避けて野山に出る方が増えています。

そして、その結果、ひどい虫刺されで来院される方も増えています。




蚊刺され




虫は足元を狙います。
そして足元の虫刺されはしばしば重症化し、数年残ることも多いのです。

虫刺され



また今後、日本の虫は、地球温暖化の影響もあり、大変危険な病原体を媒介することが
ますます増えてくることが予想されます。



野山や小川でお子さんが素足で遊ぶことは大変危険で、
何もなかったら、むしろラッキー、なくらいの状況です。




長距離ハイキングの時は脚を露出させずに虫除けを定期的に使用し、
幼児が水場や草深い草原に踏み入る時は長靴を装着することをお勧めいたします。


どうか元気に野山から帰ってきてほしいと思います。















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:25| その他のいろんな皮膚科疾患の治療