2020年10月06日

サッカー日本代表 国際親善試合 オランダで開催です。



スクリーンショット 2020-10-06 18.33.52.png



今年に入ってずっと延期されていたサッカー日本代表の親善試合が
10/9と10/13にオランダで開催されます。


選出された選手は欧州で活躍している人たちで、
オランダへの出国の許されない浅野拓磨選手は召集されず、
また兵庫県を代表する岡崎慎司選手は招集されましたが怪我で辞退。


しかしながら楽しみな選手も多く選ばれました。



そして今日、日本サッカー協会の公式サイト
日本から出発するスタッフの皆様の動画が公開されました。


【TeamCam】2020.10.04 サッカー日本代表、再始動の地オランダへ





見ていると色々面白い発見もありました。



まずホテル出発に際し、u19のスタッフに加わったばかりの内田篤人さんがお見送りに。

スクリーンショット 2020-10-06 18.30.17.png



そして、本来はu23のコーチである川口能活さんが、どうもオランダに帯同する様です。

スクリーンショット 2020-10-06 18.32.39.png




成田空港は閑散としています。

スクリーンショット 2020-10-06 18.30.56.png



オランダ到着。
山雅監督を退任された反町さんが、技術委員長として森保監督を支えることになった様です。

スクリーンショット 2020-10-06 18.32.04.png




お話が大好きでお上手な反町さんが加わったことは、対外的にも助かりますね。





さて、私も、まだ1回も着ていない新しい代表ユニフォームを
今週は着ることができそうです。
(本当はこれ着てオリンピック見に行く予定でした)













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:47| 医療以外のつぶやき

ビダール苔癬の治療。





ビダール苔癬




ビダール苔癬は、当院でも大変取り扱いの多い疾患です。

うなじに発症することが多く、
昔からネックレスや髪との関連が指摘されています。



しかし、髪の毛の長い人、ネックレスをする人の全員の症状が現れるわけではないので
やはりTh2細胞の過剰反応も関与するのでしょう。

現場の印象も、アトピー素因のある方に発症しやすいので、
言い換えればアトピー性皮膚炎の部分症状の様に思える時が多いです。




当院では
アトピー性皮膚炎の合併が明らかな時は




セラビームを照射し、

スクリーンショット 2020-10-06 9.18.34.png







パリパリの患部に、かなり大量の軟膏を塗り

スクリーンショット 2020-10-06 9.18.50.png






ガーゼで覆ってカバーします。
ガーゼで覆う理由は
1)たっぷり塗った軟膏が周りにつかない
2)たっぷり塗った軟膏が何時間にもわたって患部に浸透し続ける(ODT療法)
3)外部からの髪や襟の刺激を遮断できる



スクリーンショット 2020-10-06 9.19.17.png




これくらいすると、かなり早くに消退します。
しかし、上記の様に体質が絡んでくるので、再発させない努力が必要なこともあります。









追加して考えることとしては


どうしてもネックレスがしたくて
金属アレルギーの有無をはっきりしたい場合はパッチテストへ進む。



吸入系、食餌系アレルギーをはっきり知りたい場合は血液検査へ進む






いつも考えさせられることの多い疾患の一つです。















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:27| その他のいろんな皮膚科疾患の治療