2020年11月13日

簡単!保険診療!首のイボは自己流でなく皮膚科へ。



首のイボの治療について、

「どうしていいかわからずにいたら友人に紹介された」

と来院する方が多いように思います。


ネット上でも様々な情報が飛び交っているようで混乱されているようにもお見受けします。




首のイボは、古くから「皮膚科で」「保険で」「きれいに」とってきたものなので
そのことを知っていただきたいと思います。




スクリーンショット 2020-11-13 12.08.24.png





ご希望であれば、その場で液体窒素。


首のイボ



その日から入浴可能、ガーゼなどで覆うことも必要ありません。



スクリーンショット 2020-11-13 12.07.15.png



早ければ1週間、遅くても3週間ほどで脱落します。
皆さん跡がどうなるかを気にされますが、
過去二十年以上この方法ですが、とれた後に気にされるような跡が残った方はおられないように思います。
むしろ、続けて他のイボも、とおっしゃる方がほとんどです。


コツは、とても繊細な鑷子を使うことです。
私は主にマッカンドーを使います。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:12| 液体窒素によるいぼ治療

新型コロナウイルス感染拡大への対策(続報)


新型コロナウイルス感染予防への対策

待合室の人数を調整するために完全予約制で診療しております。
本人の受診がなく薬の処方を希望される場合もあらかじめお電話で予約してください。




待合室の対策
1)待合室は大きな窓を開放し、密閉空間にならないようにしております。
2)待合室に滞在する方の人数を制限するように完全予約で診療しています。
3)アルコール除菌剤を設置し、患者様に自由にお使いいただいております。
4)多くの方が触れる部分は除菌清掃を繰り返しております。
5)総務省消防庁に採用、全国700台以上の救急車に搭載されているという、
  ウイルス対策も心強いオゾン発生装置を装備して空間管理をしています。
6)加湿器で湿度コントロールをしています。



診察室での対策
1)注視して診察を行うために診察台に上がっていただき靴や靴下を脱いでいただく場面も多いのですが
お一人ずつ施術台のシーツを使い捨てています。
2)医師はマスク、フェイスシールドゴーグルなどを着用しています。
3)患者様に触れる時は使い捨て手袋を使用します。
4)患者様に使用する器具類は1回使用毎に高圧滅菌を行っています。
5)室内も常にアルコール除菌を行なっています。
6)総務省消防庁に採用、全国700台以上の救急車に搭載されているという、
  ウイルス対策も心強いオゾン発生装置を装備して空間管理をしています。
7)加湿器で湿度コントロールをしています。




美容施術ブースでの対策
1)お一人ずつに使い捨てのシーツと掛布を取り替えてベッドメイクしています。
2)施術開始前にアルコールによる空間除菌を行なっています。
3)開始前に除菌アルコールで手を除菌していただきます。
4)スタッフはフェイスシールド着用で施術いたします。
5)総務省消防庁に採用、全国700台以上の救急車に搭載されているという、
  ウイルス対策も心強いオゾン発生装置を装備して空間管理をしています。
6)加湿器で湿度コントロールをしています。




安心してご来院ください。






IMG_8205.jpg






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:40| 医院からのお知らせ