2021年01月08日

しもやけの治療。




スクリーンショット 2021-01-08 9.07.40.png
フリー画像です。




しもやけの原因は、寒冷により指先の毛細血管の血流が悪くなることです。


紫色に腫れる症状や、重症化すると熟した柿のようにグズグズと潰瘍を作ることもあります。



末梢循環を良くすることが大切ですので、
予防策としては
携帯カイロを握るようにする、
1日に1回は湯船に浸かり、手足の抹消まで温まることも大切です。



また、思わぬ原因として、窮屈な靴での圧迫がしもやけを重症化させることもあります。


治療は
1)ビタミンEの内服
2)血行促進作用のある外用剤
3)やけどのように重症化した時はやけどと同じ治療も必要です。
4)近赤外線照射で深部の血流を促す

以上が当院で行っている保険適応治療です。



この寒波、無事に乗り切りたいですね。

posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:16| その他のいろんな皮膚科疾患の治療