2015年03月24日

ヒアルロン酸注入に技巧は大事です。








昨日の、復習です。

しわには2種類あります。

表情筋が動くことで刻まれるシワ

そして

無表情でも刻まれているシワ

の2種類です。



この人のシワは表情によって刻まれています。
before3.jpg
(アラガンジャパン提供)

昨日お話ししたように、このようなしわにはボットクスビスタで治療します。





それでは、
今日は、表情を作っていないのにできるシワについて、お話しします。





しわ加工原本.jpg
(著作フリー画像を当院で加工した写真)



上記の女性。この人の顔を見たとき、
どこを補正してあげると若くなると思いますか?





私、お人の顔を拝見すると、そんなことばかりを考えています。
そして勉強しています。








モナコまで行ってヒアルロン酸注入の個別指導受けたり。
モナコ注入レッスン.jpg
Anti-Aging Medicine World Congress 2009










彫刻をみて、光の反射を学んだり
venice.jpg
Peggy Guggenheim Collection Museum、 Venice





そうやって目を養うと、光り輝く若さに戻すには
頬の張りが一番大切だと気付きます。











さて、もう一度、さっきの女性。

しわ加工原本.jpg




皆さんが気になるのはほうれい線やマリオネットラインでは
ないでしょうか。

しわ名称.jpg





それの補正も必要だと思います。
下のようにヒアルロン酸を注入するといいのです。

マリオネット補正.jpg




ヒアルロン酸のメーカーは数多くあります。
私は長らくQ-MED社のRestylaneを使用していました。
その症例数の多さから、日本で初めて(同時3名)Masterに認証されています。

kakou エリックと.jpg



しかし、現在はアラガン社のジュビダームビスタを使用しています。

(追記 2017年現在、レスチレンリドを使用しています)




この人の顔の若返り、通常なら、ここまででしょうが、

私的には、もうひとがんばり、
もっと若返る注入方法をご提案したくなります。


そのお話は、また3/26木曜日に。
(明日3/25は休診です。)













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:28| ヒアルロン酸注入治療