2015年04月20日

ケガのあと、外傷性刺青について。










本日からは、大変ご相談の多い、顔のケガについてお話しします。


第1回の今日は、ひらめき外傷性刺青について。









あ、ブリジッタちゃん、顔からこけちゃった!








大変です。お顔に深い傷ができました。
出血もしています。

ブリジッタケガ.jpg












しかも、よくみると・・・・・・・・





傷土砂入り.jpg













このままでは、大変!
痛いかもしれませんが、洗浄が必要です。















傷洗浄済み.jpg
















洗浄のときに、傷が広がるように感じるかもしれません。
でも、最終的には、このほうが綺麗に治るのです。
頑張れ!
















でも、痛いから無理。
洗えないってことになると・・・・


傷口の奥に土砂が残存してしまうことになります。










土砂残存.jpg













外傷性刺青.jpg











皮膚の下に埋め込まれた土砂は、そのまま定着します。

ケガによって生じた刺青なので、「外傷性刺青」といいます。






ブリジッタ刺青.jpg











傷を綺麗に治したい、と当院を選んで来院くださる皆様ですが、
実際の現場では、色々なことが起きます。







患者さんが小さい場合は、深い洗浄は容易ではありません。
まず、ベッドに横たわってくれないことも多いのが現実。
できる限りの、中途半端な処置しかさせていただけない場面も多いです。










大人の場合は、傷が深い場合は局所麻酔して土砂を掻き出します。
それでも、交通事故クラスの深い傷の場合は、
めり込んだアスファルトを全て掻き出すのは困難です。






それらの場合、傷がすっかり治った後に、刺青が残ってしまうことがあるのです。







ブリジッタ刺青.jpg












また、お子さんの場合、傷の治りがとても早いので、
2〜3日経過してから来院した時は、
すでに土砂が入ったまま傷が閉じてしまっていることがあります。雷












お母さんに、ぜひお願いしたいのは・・・・・・



お子さんを水道のシャワーの下に連れて行って、
できるだけ砂利を掻き出すように洗ってほしい、



ということです。










それでも、刺青が残ってしまった時は、





後日、局所麻酔をして皮膚を切り、
奥の土砂を掻き出す手術が必要になります。









お子さんの場合は、大人になるまで、そんな手術は難しいので
数年後になってしまいます。













image.jpg
今日はかわいそうなモデルをさせて、ごめんね、ブリジッタ。









さて、次回は、きれいに治す、湿潤治療についてお話しします。












ドリアニメ原本小.gif

























































posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:28| 湿潤治療・ケガ、やけど