2015年04月24日

やけどでも湿潤治療。その2








きのうの続きで、今日は湿潤治療についてです。










では、
もう一度、2度熱傷についておさらいするところから始めます。








2度熱傷が起こる場面を図にしました。









2度油がかかる.jpg









やけどは、深ければ深いほど、跡が残りやすいので、
真皮まで到達するやけどは、跡の残りやすいやけど、と言えます。






きのう、お話しした、
「跡が残りますか」


というご心配のお気持ち、本当にわかるのですが、
ある意味、
この瞬間に「残りやすい」というのは決まってしまっているふらふらのです。






さて、そこを






ひらめき「跡が極力残らないように最善を尽くす。」






というのが、私たち医師のできること。




全く残らないときもあるし、

努力しても、ご本人の体質で跡が残る場合もあります。



ひらめき残るか残らないか、その結果がわかるのは6〜12ヶ月先の話。



それまでは、最善をつくしましょう。













ご自宅でのガーゼ交換のコツも
しっかりパンチ覚えて帰っていただくことが大切になります。












さて2度熱傷。



水疱ができていますね。

2度熱傷.jpg








断面図を見ると、先ほどドーンと加わった熱のせいで
水疱ができているのがわかります。
その水疱の下には、炎症で真っ赤にただれた皮膚があるのです。





水疱の断面図.jpg










ちょっと時間が経つと、水疱が破れます。
水疱の下から、ジクジクの赤身が見えます。

水疱赤身写真.jpg







断面図ではこんな感じ

赤身見えてる.jpg






さて、このジメジメ、ジクジクしている時期こそキレイに治すチャンス!









湿潤環境治療で、さらにウエットに保ちます。










湿潤断面.jpg






その時、赤身の炎症がある時期ですから、
炎症を抑える作用もある湿潤環境治療が最適です。





これは、私の経験をもとにした理論ですが、
ハイドロコロイド剤はこの時期には使わないで、
抗炎症作用を含む軟膏で湿潤環境治療をした方が
きれいに治ると思います。








しばらくすると、
カサブタが剥がれてきます。


カサブタ取れる写真.jpg








剥がれたカサブタの下には、ピンク色の美しい皮膚ができています。





新生皮膚断面.jpg







こうなれば、もう大丈夫。
湿潤環境治療も終了です。







ご自宅での軟膏の塗り方、ガーゼの薄さ、そしてお風呂での洗浄など、
キレイに治すための注意点は山のようにあります。



患者さんの頑張りも、大切な要素です。





頑張ってくださいね。











ドリアニメ原本小.gif













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:39| 湿潤治療・ケガ、やけど