2016年02月22日

シミ治療の流れ(その3)






さて、続きです。








IMG_6906.JPG









照射後の状態なのですが、皮膚がえぐれたり、なんてことはありません。













ヒリヒリ赤くなった状態なだけです。














かわいいその7 この後の1週間は、ケアが必要です。



















軟膏をたっぷり塗って、








IMG_6951.JPG









ガーゼとテープで保護するか、






IMG_6952.JPG















別売りですが、肌色のレーザー用軟膏で、カバーするか。










image-3ea4f-thumbnail2.jpg











丁寧に患部をカバーすると、ガーゼテープと違って目立ちません。











image-7e64e-thumbnail2.jpg














最近は男女を問わず、この肌色軟膏の方を選択する方が多いと思います。


















かわいいその8 1週間後の来院とその後。













1週間もすると、かさぶたが脱落するので、それを確認するため、来院いただきます。












目の下の2つのシミは









IMG_6902.jpg









ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)ですから、









E5BE8CE5A4A9E680A7E88AA6E5B18BE69FBFE69CAC-thumbnail2.jpg










施術後に色が消失するのに時間がかかります。












その間は、メイクアップなどで隠しながら過ごしていただくことになります。













それから、大切なことですが









シミができてしまった人は、すなわち「メラニンが定着しやすい人」。





もっと簡単に言うと「シミがある人」は「新しいシミができやすい人」なのです。












そのため、人一倍、湧いてくるメラニンを定着させないケアが必要です。












その役目を担っていくれるのがヒートマスク導入で、
レーザー後の安定化のためにお勧めしております。




以上が、レーザーの流れです。




















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:17| しみとりレーザー治療