2016年09月27日

赤ら顔の治療にスターラックス。産毛そりも忘れずに。





毛細血管が拡張して、糸ミミズのように肌に見える症状には
現在、スターラックスで治療しています。



照射頻度は3週間以上開けて3〜5回。




回数を重ねるごとに赤さが引いて、白肌になっていくのがわかります。




効果をしっかり出すためにも、顔の毛剃りはあらかじめ
十分に行ってください。

産毛が濃いと、光が毛の黒色を攻撃してしまい
やや痛みを感じます。


産毛そりの経験のない方は、こちらでプロの女性理容師さんに
お願いすることもできるので、
どうぞご利用ください。



診察のご予約は
1503FPK_0048.jpg
医院日本庭園

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:54| スーパーフォト治療 ・スターラックス