2016年10月14日

いぼが内服薬で取れる?


一般に、「突出しているできもの」は、全て「いぼ」と表現しているようですが


それは、「魚」
と言っても、哺乳類のイルカもいれば、魚類のイワシもいますように

みなさんのいう「いぼ」にも全く違う分類のものが混在しています。


先日、
「イボが取れるという市販の内服薬を飲んでいても取れないので
 その薬の会社に電話をしたら、皮膚科に行くように言われた」

という人が来院しました。


その人の言うイボは
「母斑細胞母斑(色素性母斑)」。


内服薬で治るものではありません。


「内服薬の長期契約しちゃったのに」

 とおっしゃられていました。気の毒です。


ネットがどんなに便利になっても、
私たちが診察するように、ネットで診断が確定できるようになるには
今しばらく、時間がかかるのではないかと思います。


当院は、皮膚科の疾患のなかでご相談が多い「いぼ」に対しても
様々な保険治療で対応しています。


まずは、
その「いぼ」が、実は何なのかを診断をつけるために
お越しください。


参考記事
2015年06月05日「皮膚腫瘍の種類。」
2016年06月24日「夏が来ると気になる首のイボ。」





診察のご予約は


医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:53| 液体窒素によるいぼ治療