2016年11月25日

アトピー性皮膚炎、白斑、掌蹠膿疱症などの治療に新型セラビームを。



セラビームの新型が昨日納入されました。

なぜ、アレルギー疾患に紫外線が効くのでしょうか。

アレルギーとは、免疫細胞である白血球が
活性化しすぎて暴走し、
間違って体内の正常な細胞を攻撃してしまう疾患群です。

花粉症、じんましん、アトピー性皮膚炎などはアレルギー疾患として
有名でしたが、最近では白斑、乾癬、掌蹠膿疱症なども
実はアレルギー反応の一種である自己免疫疾患であることが
わかってきています。


紫外線は、この暴走した白血球を壊してくれる役割があることが
知られていますが、その中でも副作用の少ない、最も有用な紫外線を
照射できるのがセラビームです。


当院は、6年前にこのセラビームを導入し、保険適応治療として
多くの患者さんに治療効果を発揮させてきました。


そしてこの度、新機種も導入し、さらに細かい部分までの照射を
実現できるようになりました。


IMG_0404.JPG


ハンドピースが付いているので、軽々と照射できます。



暴走した白血球の攻撃が緩和されるとどうなるかというと
アトピー性皮膚炎のたまらない痒みが沈静化され
保湿力が戻り炎症が静まったり

白斑に色が戻ってきたり

掌蹠膿疱症の水疱が軽減し、さらには消滅するところまで
可能になってきました。



ぜひ、セラビームの効果を知っていただきたいな、と
治療者として感じます。




多くの患者さんが、
増悪期は週に1〜2度
軽快してきたら月に1度
の施術でコントロールしています。



診察のご予約は
クリニック全景.jpg

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve











 
posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:12| セラビーム紫外線治療