2017年01月13日

ヒアルロン酸治療の最適年齢。




シワやたるみのリフティング効果のあるヒアルロン酸注入。


しかし、あまりにも進行してしまった後では、復元するのは結構大変です。



すごく自然にシワ取りをするためには、気になりだした早い時期が最適です。



目の下のたるみなら50歳代まで、
鼻唇溝(ほうれい線)なら40歳代で1度補正しておくと
そのあとの老化がかなり遅くなります。

早い治療は、少量のヒアルロン酸で効果的な施術を行えますから
リーズナブルでもあります。




ただ、70歳以上のかなり進行したシワや、
病気などでかなり痩せてしまった方でも
完全復元するのは困難でも、お元気そうなお顔に戻すのは
可能です。


「しぼんだ風船を膨らますのにどれだけの空気を入れないといけないか」
と考えていただくとわかりやすいかもしれません。


「風船が少ししぼんだ状態だと、少量の空気を入れてあげるとハリが戻る」

 が理想ですが

「すっかりしぼんでしまった風船にハリを戻すには多くの空気注入が必要」


ということになります。




私は、ヒアルロン酸の世界的シェアで独走している「レスチレン」を
使用しています。

また、レスチレンの注入において、
日本人初(同時3名)のマスターを
当時のレスチレンの会社Q-MEDのスエーデン本社から授賞しました。
(現在、Q-MEDはガルデルマ社の傘下になっています)
授賞式は当時のアジア地区本社があった香港で行われました。


それ以降、技術を磨きながら、
ヒアルロン酸でできることを引き出して行くことは私の生涯のテーマでもあります。


あまり怖がらず、ご相談頂けるといいなあと思います。


関連記事「AMEC2015「60歳以上の若返り術」のテーマについて。」


診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:57| ヒアルロン酸注入治療