2017年01月26日

Qスイッチルビーレーザーの治療メカニズム。レーザー後黒くなる理由。




1)しみ・アザ
  しみやアザは、皮膚のメラニン色素の異常な増加によって生じます。
  増加の度合いや深さによって、茶や青や黒に見えます。



  しみ1.JPG




2)レーザー照射
  ルビーレーザーの光はメラニン色素によく吸収されるので、
  正常組織のダメージを最小限に抑えながらメラニン色素を選択的に破壊します。



  しみ2.JPG





3)色素の排出・吸収
  破壊された色素は、

  皮膚の浅い部分にある場合は・・・・数週間のうちに皮膚表面に排出されます。
  皮膚の深い部分にある場合は・・・・数ヶ月のうちに皮膚内部で分解吸収されます。



  しみ3.JPG




4)治療後
  破壊された色素の排出、吸収が進むにつれて、
  しみ・アザのない正常な肌に近づきます。



  しみ4.JPG







  この3〜4の時期は、ご自身が想像していた
  「レーザーで、スパッと治った」という状況とは違うと思います。









当院ではこの破壊された色素の吸収を早めるために、
ヒートマスク導入を開発しました。




  関連記事「ビタミンAとCの効果」



simi5.jpg







他にない、しみ治療、ぜひ、ご相談ください。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 19:19| しみとりレーザー治療