2017年02月14日

スーパーフォト後、本日で4日目の朝です。



わたくし、スーパーフォト後、本日で4日目の朝です。






スーパーフォト治療に用いるスターラックスは、
施術時に照射する光線の幅や深さを自由に調節することが可能です。



例えば、
ハリツヤを出すなら 広い幅の光線を中程度の深さに届ける。
シミを攻撃するなら深さを最大限にする。


その人ごとの対応をしています。


深く照射すると、多少、弾かれるような痛みがあります。
しかし、その後の変化は劇的です。



今回のように自分で自分の顔に照射するときは、
遠慮もいりませんから、相当深く照射します。


ちょっと涙目になりながら。



終了直後は、顔も火照ったよように赤いのですが

そのあと、ヒートマスク導入をすることで、鎮まります。




しかし、今回は、翌日も、ちょっと赤めの顔でした。
なんせ、遠慮なく強力に照射したので。



そして、4日めの朝の今朝、一番の効果を実感できました。
急に肌にボンとボリュームが出て、
やつれ感が軽減しました。

何より、リキッドファンデーションが少量でよく伸びます。
表面の小じわや毛穴が軽減したのでしょう。




メスも加えず、美容外科手術や、顔面に注射もしないのに
この効果が出ることが

当院で一番支持される治療の所以だと思います。



何より、当院のスタッフの間でも
「自分が最も施術したいのがフォト治療」
という意見が多いのがその証です。







関連記事「スターラックス施術数が昨年7月の納入から280例となったのを記念して施術の流れをご紹介します。」




当院は保険診療の皮膚科が中心ですので、こちらからはセールスをしませんので
ご興味がある方は、お伝えください。

それでも、その段階では説明だけです。
セールスはしませんので、よくお考えになって
よかったら、施術をお受けください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:00| スーパーフォト治療 ・スターラックス