2017年04月15日

肝斑の位置をよくご確認ください。





肝斑の原因について、ネット上でも諸説流れているそうで、
患者さんから
「〜〜が原因だとネットで調べたので##という薬をください。」

 (##は、しばしば、とんでもない薬だったりする。)


という要請を受けることは、本当によくあって




そういう時代なんだなあ、と思います。





ただ、多くの肝斑を診てきて治療をしてきた経験からいうと
頬骨との関係は見逃せないように思います。




人の顔の


頬骨と肝斑顔素材.jpg



皮膚の下、組織の下には、もちろん頭蓋骨があります。




頬骨と肝斑スカル付き.jpg





特に肝斑との位置関係に関係がありそうなのが、目の玉が入る窪み「眼窩」。



頬骨と肝斑眼窩.jpg




その眼窩の下縁部分から頬骨にかけては、
体の中でも皮膚が最も薄い部分の一つです。
(特に頬がすっきり痩せて脂肪のない人は)



眼窩下縁.jpg





もしその頬骨部位に


頬骨と肝斑スカルの肝斑.jpg




肝斑があるときは



頬骨と肝斑肝斑付き.jpg





その部位の圧迫や摩擦が、肝斑の原因になっている可能性があります。





頬骨と肝斑フル画像.jpg





他の例で例えると、


正座をよくする人は、足の甲の骨の部分が黒ずみます。



また、肘をよくつく人は、肘関節が黒くなります。





いずれも、皮下脂肪の薄い部分で、
圧がかかると皮膚や薄い皮下組織が圧迫を受けて組織の破壊や断裂が起き
その炎症が慢性化することで黒ずむと考えられています。






頬の場合も、例えば

うつぶせ寝

 や、

 極端に激しいクレンジングやマッサージ


で、同じ条件となり、肝斑を生じるのではないかと考えられています。






皆さんの肝斑は、いかがですか?























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:38| アクシダーム治療