2017年06月16日

EuroMediCom の学会。パリから日本へ「カニューレの誕生」。





日本の多くの皮膚科医の先生がそうでしょうが
毎年、ユーロメディコムの学会が近づくと
参加を促す国際電話が本部からかかってきます。

去年はロンドン、昨日はパリからでした。





logoEmcHome.png










EuroMedhiCom(ユーロメディコム)は、
世界中の皮膚科医療の最前線を発表する国際学会を
企画運営する会社です。







私が、時々参加するのは、その中でもAMEC
(Aesthetic & anti-aging medicine european congress)
という学会です。



今年のAMECはモナコでの開催。


227-cover-amec-live---visage.jpg




紹介動画もありました。
https://www.youtube.com/watch?v=kyIcl1WZ0jM







世界中から、スペシャリストの先生が集結し
壇上で施術をライブで実演してくれるという
素晴らしい学会です。







今までに、そこで学んだ知識は、私の中で本当に大きく、
国内にいては体得できなかった事ばかりです。










特に、ヒアルロン酸の注入については、初めてカニューレ法を学んだのも
AMECでした。








関連記事「「疲れ顔」の原因と解決の道。









カニューレ法による若々しさの復元は、
限りなく自然ですから、人知れず元気なお顔に戻りたい方には
最適な治療です。
(但し、施術者に立体復元の能力は必要とされるかもしれません。
 例えるなら、彫刻の技能です。)







しかし、日本でカニューレを入手するのはなかなか大変でした。





そのため、医療機器の大手「MMアンドニーク社」の方に



「日本で作れないかしら」、と相談したところ





「いい企画ですね」、と



日本での制作企画がスタートしました。

もう4年ほど前になるかもしれません。






何度か開発者の方が当院を訪れてくださって、私もご意見を申し上げ





そしてついに先日、日本でのカニューレが完成しました。





IMG_1461.jpg






医療機器承認も取得され、これからは日本での入手がとても容易となりました。







あの日、パリで巡り合ったカニューレが、今、日本で誕生したのかと思うと
本当に感慨深いものがあります。





これからは私のベストパートナーとして活躍してくれる事でしょう。

















【海外施設の取材の最新記事】
posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:08| 海外施設の取材