2017年06月20日

シミは取らなくてはいけないか。






シミをとるQスイッチルビーレーザーができた、と
新聞報道で見たのは、まだ医学生だった頃だったと思います。


その後、医師になり、大学病院で診療していましたが
母校の皮膚科はシミをとる治療を行なっておらず、


その後、開業してから、Qスイッチルビーレーザーを購入。
いつかこの治療に携わりたいという
私の念願が叶いました。
今から20年ほど前になります。


今でもシミ治療は
私の中でプライドを持って治療している、思い入れの深い重要部門です。
あらゆる皮膚科疾患の知識の裏付けが必要な
困難な治療であることも、大切にしている部分です。

皮膚科の一般治療ができないと、レーザーを使いこなすことは
できません。





そんな中、最近は、シミのご相談の年齢層が、
グッと広がった気がします。




お元気なシニアの方が増えたためか、
85歳以上の方々のご相談が増えているのです。
90歳以上の方も来られます。






その年齢層の方々で、顔に色素斑がある場合は

シミなのか、皮膚ガンの可能性がないか、


そちらの方に注意しなければなりません。







ダーマスコピーや時には生検をして、ただシミだと確認したら

その次です。



本当にQレーザーまでして取るべきでしょうか。
いつも、とっても考えてしまいます。







多くの場合、私は、カバー力の強いコンシーラーをお勧めしています。
今は、それで十分に隠すことができるからです。




私のシミ治療は、まだ20年。
今後は、この分野はどうなっていくのでしょうか。



まだまだ発展するのか、それとも衰退するのか。

初心を忘れずに、
時代を見ていくことが大切かもしれません。








診察のご予約は
IMG_0328.jpg

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:39| しみとりレーザー治療