2017年07月14日

ほうれい線、頬のたるみは、早めからのケアで予防が望ましい。





昨日の記事の紫外線治療のセラビームと、
皆様が間違えてしまっていたようなのが、
IPL治療の医療機器「スターラックス」によるスーパーフォト治療。




こちらはアトピー性皮膚炎の治療機ではありませんが
同じく、世界中、日本でも実績の評価されている医療機器です。




幅広い波長で皮膚深部まで届くように設定することで

薄いシミの除去ーーーーーーーー顔の色のトーンを明るく
毛細血管拡張症の治療ーーーーー赤い部分を白く
皮下のコラーゲンの生成促進ーー肌の弾力を呼び戻す


などが可能です。



ダウンタイムがないことも魅力で
当院でも、毎年の年間の施術者はのべ300人を超える
リピーターの多い治療です。



短期に出る結果は、上記の3点ですが、


当院の特色かもしれませんが長期にわたって継続して施術する方々が多いため
その方々のお肌を見ると




「ほうれい線や、頬の下垂の食い止め」




に、確実に成功していることに気づかされます。









自然な加齢では、頬は弾力を失い頬が下垂していきます。





taregao2.jpg




その重みで頬にたるみが出て、ほうれい線も形成します。






taregao1.jpg







しかし、長期にわたる定期的なフォト治療は






スターラックス.gif








コラーゲンの支えをしっかりすることで
頬が下垂することを食い止めることができるからではないかと思います。



taregao3.jpg





それは、最初から患者さんにお伝えした「予想できる効果」ではなかったのですが
定期的にご通院の方々の経年変化を見せていただくことで
気づいた「期待以上の効果」でした。





完全に落ちきってしまわない年齢からのスタートが
これほどの効果があることを
定期の通院をきっちりなさる患者さんから教えられたのです。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:32| スーパーフォト治療 ・スターラックス