2017年07月28日

ちりめんジワは、普通のシミとは違うことに気付いてください。





しみが気になる患者さんのご相談も、春から秋は多くなります。



明るい日差しの元、冬には気にならなかった細部が目立つように思えるからでしょう。









しみ、と感じるものの中にはいろんなものがありますが、
その一つ、ちりめんジワのお話です。
今日も、フリー画像でご紹介します。









ちりめん (縮緬)とは、古くから伝わる絹織物の一種で、
その独特の織り方から、生地の表面にシボ(凹凸)が生じ
そのために、光を当てると表面に影が細かく出ることで
しっとりした高級感を感じさせます。



ちりめん.jpg









同じ絹でもシルクサテン(日本名は本繻子ほんしゅす)は、シボがなく
つるんとした光沢感が特徴です。



シルクサテン.jpg







その、ちりめん、の名前通り、
ちりめんジワは、シボのある、つまり細かい凹凸のある皮膚面に
生じる陰影を言います。







ちりめんジワ3.jpg









例えば、





ちりめんジワ1.jpg






この人の、目の下、






ちりめんジワ2.jpg











ここは、まさにちりめん状態です。



ちりめんジワ3.jpg







こういうシワは、
皮膚に弾力や水分量がなくなってきた場合に生じるので

ボトックスでもヒアルロン酸でもなく、

肌のテクスチャー(質感)を向上させる施術が適応で





ハリのない注射と言われるヒートマスク導入やエモリエント導入
で、プリンとした張りを戻します。







夏になって、
ご家族の都合などでお休みしていた施術希望の方が
またたくさん戻ってきてくださっています。





というのも、肌は代謝を繰り返すので、
お手入れを加えた肌も数年のうちには、
ゆっくりと質感の下降線をたどります。



今日も
1年ぶりの方も、7年ぶりの方も。



また、脱ちりめんを目指したいと
再度、肌のリセットを始められました。







私は、というと、もう、こんなにJリーグ見に行ってたら
ダメです・・・・・・。(焼けるから)
お手入れが追いつかない・・。(涙)




皆様は頑張ってください。精一杯肌作りを応援します。





診察のご予約は
1503FPK_0048.jpg
医院日本庭園

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve



















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:36| ヒートマスク導入