2017年08月01日

水虫が化膿しても、洗って欲しい。





足白癬、いわゆる水虫も、


放置していると、水虫菌だけではなく、化膿菌が感染してしまいます。










水虫菌だけが感染した時は、
薄皮が剥がれるような症状や、白っぽい水疱ができます。





水虫感染3.jpg







そこに化膿菌がダブルで感染してしまうと
患部は赤くなり、浸出液も出てきます。




水虫感染.jpg






さらには、菌がリンパに流れに乗って、足の上部に上がってきます。




水虫感染2.jpg






こうなると、水虫薬の抗真菌剤だけでは、まず治りません。
抗生物質の内服も必要です。







そして、ここからなのですが




患部を清潔に保つ必要があります。







1)五本指の靴下はやめてください。洗濯しても除菌は困難です。
2)使い捨ての清潔なガーゼをお分けしていますので、それを浸出液の出る部分に
  装着し、出てくる浸出液を吸わせて乾かしてください。
3)入浴時は、よく洗浄してください。
  浸出液が固まってかさぶた状態になっていると、細菌の巣窟になってしまい不潔です。




そう、「洗ってください」







洗っても化膿しません。(もうすでにしているので、今、それを治療しています)
日本の水道水は大変清潔です。水流で洗うだけである程度の除菌ができます。
消毒薬は肌を傷口を痛めます。水、ぬるま湯が最も適しています。





ただ、これは医院で治療を開始してからのことです。
ご自宅で、薬もなくて洗っていても治りませんので
ご注意ください。








診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:17| 足・爪・靴に関する疾患