2017年08月24日

爪変形のある指の湿疹の治療にもセラビーム。



アトピー性皮膚炎の指先の症状が悪化すると


爪を形成する部分に炎症を生じてしまうことで



E6B9BFE796B9E788AA1-thumbnail2.jpg




そこから生えてくる爪は、ガタガタと溝のできた爪になります。



E6B9BFE796B9E788AAEFBC92-thumbnail2.jpg




関連記事「湿疹が影響する爪の変形」





以前の記事で書いたとおり
爪周囲の炎症(湿疹)は、
毎日指を酷使する作業がある人にとっては治療が進みにくい場所です。




よく例え話をするのですが、



指の湿疹の深さは、転倒してズルッと擦りむいたケガに
匹敵するほど深いので



外用剤で傷が塞がろうとしても、
シャプーを一度するだけで、髪の毛が傷口を開き、
炎症は元どおり再燃します。







そのような状況で、治そうとする場合は、
完全防御のガーゼ被覆をお勧めしています。


湿疹部分に軟膏を外用して


IMG_1794.jpg


ガーゼで包帯のように覆います。
そのガーゼが濡れたり汚れたらすぐに新しいガーゼに変更します。






IMG_1797.jpg





カットバンや防水のもを使用している場合は、
蒸れて患部が増悪します。
もし、使用する場合は、ガーゼの時と同じく
濡れたり汚れたら新しいものに交換しなくてはいけません。




水仕事をする場合は、その上から使い捨ての手袋をしてください。
使い回しの手袋はあまり清潔ではありません。





IMG_1799.jpg




最近は、セラビームの照射を併用することで素早い効果を上げています。


IMG_1329-thumbnail2.JPG

関連記事「手荒れへの著効、セラビーム。」





爪周囲の湿疹には特に有効で、劇的な効果を上げている方もおられます。






湿疹のできない状況にすることで、
次から生えてくる爪の変形は治っていくます。







診察のご予約は
医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:17| セラビーム紫外線治療