2017年09月14日

アトピー性皮膚炎の症状悪化時にできること



アトピー性皮膚炎は、まだまだ原因に謎なところの多い疾患です。




ハウスダストや家ダニなどのアレルギーと
考えがちな患者さんもおられますが



そもそも、自然界に存在するものにアレルギーを起こすのは


いろんな外界の条件にとても過敏な体質だから
という見方も広まっています。







それを一番感じるのは診療の現場で



総じてアトピー疾患の患者さんは、いろんなものに
敏感な方が多いように感じます。



匂い、光量、温度、
もっと広げると、対人などにも時に過敏です。









そのため、アトピー性皮膚炎は、
突然、
説明もつかないほど突然悪化することがあります。





そんなとき、
一番必要だなあと感じるのは「休養」なのですが
現役で学生だったり仕事を持つ人にその指導は微妙なことがあり



むしろ休ませると焦燥感が高まって逆効果なこともあったり、
休養が極端な引きこもりに移行することもあったり
本当に神経を使う場面です。





「社会参加してもらいながら、急な増悪を乗り切る」




それがいかに困難か、いつも私自身
「これで本人にとっていいのだろうか」自問自答の診察をしています。






時にステロイドの内服で急場をしのぐことも必要かと思う時もあり


それは「ステロイドは悪」というステレオタイプな議論には
沿わないのですが



現場の、生身のあなたは、
アトピーだけはなく、社会参加という現実をどう思うのか



それも考えて欲しいと感じる・・・・これは、あくまで私見です。














アトピーの重症度をグラフにしてみましょう。

3つの重症度に分類してみます。



3 増悪期  外出したくないほど浸出液も出て炎症の強い状態

2 許容範囲 アトピーが少し症状を表してきて、痒みが強くなる時期

1 順調   アトピーの体質はありますが、あまり症状が見られない時期






akka1.jpg





この許容範囲の幅は人によって違います。
相当に状態が悪く見える時でも、社会生活を優先して
許容範囲だとおっしゃる患者さんもおられます。


akka.jpg
許容範囲の幅が大きい






各々の時期の治療は




akka2.jpg




3 増悪期  燃え盛る症状を消火させねばならず、強い治療が必要とされます。

2 許容範囲 これ以上悪化しないように保湿剤を内服したり抗アレルギー剤を飲んでもらいます。

1 順調   何もしなくてもいいかもしれません。
















ある人の治療経過を見てみましょう。









ある時期、大変増悪してしまいました。



zouaku1.jpg






かなり強い増悪期に相当しますので、
それ以上の増悪を抑えるには強い治療を行います。





zouaku2.jpg





そうすると炎症は静まります。





zouaku3.jpg




そのあとは、増悪しないようなケアが必要です。



akka6.jpg







アトピーの治療はこの繰り返しで、



長期にわたり経過を見ていくと、カルテの厚みは電話帳に近くなってきます。
そして、どの時期にどれほどのステロイドを使ったか、

その悪化時の仕事量は今回と同じくらい過密なのか
その繁忙期は今回どれくらい続きそうか

前回の増悪時、ステロイド内服はすぐに切り上げられたのか、


どの保湿剤が経過観察時に効果的だったか



百人百様の貴重な記録をカルテに記載して
データとして積み上げていきます。

それを振り返りながら長い年月コントロールしていくのです。










診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:45| アトピー性皮膚炎