2017年11月16日

毎月、足の爪を切る。



お若い頃には想像もできなかったことの一つに


「自分の足の爪が切りにくくなる」



ということが、現実になってきます。




理由は



1腰の疾患
figure-1707104__480.jpg
フリー画像でお届けします。




2膝の疾患
arthrocalman-2384253__480.jpg




3爪が分厚くなる
爪甲鉤彎症
(これには爪甲鉤彎症や爪白癬などの原因があります。)






関連記事「爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)は爪白癬とは別の疾患です。」











そんな方々は、こんな風に自分の足に手が届かなかったり
people-2557534__480.jpg



分厚すぎて、ご自分の爪切りで切れなかったり。










そんな方々が、毎月一度、予約をして爪を切りに来ておられます。



当院でできることは

1爪白癬があればその治療
2爪甲鉤彎症ならば尿素軟膏で柔らかくして爪切り



こんな道具で行なっています。


IMG_2172.JPG





時々、ドリルで削って欲しいという方がおられますが
そのような治療は当院では行なっていません。





毎月、爪を切って、翌月の予約をして帰られるご近所の紳士に
冬になって来たので、通院も大変かなあ、と思い


「今度は2ヶ月後にしましょうか」


と申し上げたら


「そんなんしたら先生の顔、見られへんやん」


と言っていただき、ほっこりさせていただきましたいい気分(温泉)
ありがたいお言葉。開業医はそんな一言で癒されます。





お困りの方がおられましたら、よろしければご相談ください。




診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:34| 足・爪・靴に関する疾患