2017年11月17日

加湿器の準備をそろそろ始めてください。



アレルギー全般の方々に言えることですか
空気の乾燥は大敵です。

アトピー性皮膚炎も、蕁麻疹も
喘息だって空気の乾燥は良くありません。



高温多湿の日本ですが、この季節から急速に空気の乾燥が始まります。




関西のように雪のない地方は本当にカラカラに乾燥しますよね。




雪国の人の肌が綺麗なのは、冬でも乾燥しないからだと言われています。


winter-2926825_640.jpg



目的とする湿度は50パーセント。
40パーセントを下回るとインフルエンザウイルスの活動も
活発になるので、50~60パーセントが理想です。


しかし現実はなかなか難しいかもしれません。





昔ながらの石油ストーブの上にヤカンをかけておく
なんていう時代ではなくなりましたので
加湿器を別に用意しなくてはならないかもしれません。





今年も診察室は象印の湯沸かし型の加湿器が今日から出動。




このタイプです。

imgrc0080543696.jpg




カビの胞子が発生することなく沸き立ての清潔な蒸気が出る点
喉にも優しく、洗浄が簡単な点で
患者さんにもおすすめしています。




ただ、小さなお子さんのいらっしゃる家庭は、
手の届かないところに設置して蒸気のやけどにご注意ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:32| その他のいろんな皮膚科疾患の治療