2018年02月08日

爪白癬の上にネイルはしないほうがいいです。




爪白癬は、爪そのものに水虫菌が感染してしまう疾患で
皮膚科では取り扱いの多いものの1つです。


爪が白濁し、もろくなる症状が生じます。



image2.jpeg




よく、その白い爪を嫌って、ネイルをして隠してしまう患者さんがいます。





9ff25480f16dbb9596b883826fb20b37_t.jpeg
フリー画像です






最も良くないのが、ネイルサロンでの処置です。


施術をする人に感染することもありますし、
道具などを介して他のお客さんに感染させてしまうこともあります。













近年は塗るタイプの外用剤で
従来の市販品よりも格段に効き目の強いのものができました。

image1.jpg





ただし、医院処方の医薬品で薬局などでは変えません。
真菌検査をして菌が検出された場合のみ処方が許されています。





ぜひ、ご相談ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:52| 足・爪・靴に関する疾患