2018年06月28日

毛虫皮膚炎増加中



5月から7月は、毒のある毛虫が大発生する時期。
当院でも患者さんが多く来られます。




毛虫が好む椿の木の葉の裏などに発生するので


47e2b0ed84a66440810bb64859b0045d_s.jpg
(この写真は冬のものです。今は花はありません。)



その伐採作業をする人に被害が多いのですが、
そうでなくとも、
樹木の下で毒毛針に当たってかぶれる方もおられます。





かなり強い反応が出ますから、
市販の虫刺されの薬などでは治療は困難で


ステロイドの静脈注射が必要な方もおられます。





この季節、伐採作業などをする場合は、
レインコートやレイン帽、そして手袋が必要です。



どうぞ気をつけてください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:57| その他のいろんな皮膚科疾患の治療