2018年10月19日

顔のイボはレーザー照射までしなくてもいい場合が多い。




こめかみ等に多発する脂漏性角化症は
別名、老人性疣贅(老人イボ)とも言われ、
街でも本当によく見かける疾患の一つです。





E382BCE3839CE382B1E383A9-thumbnail2.gif







当院では、皮膚癌の疑いのあるものを除いた典型的な脂漏性角化症には
液体窒素の治療をまず行います。






1液体窒素で凍らせた綿棒を圧抵します。



クリオ1.gif


その日から洗顔も可能で、ガーゼも必要ありません。







22週間ほどすると赤黒くかさぶたになります。



クリオ2.gif







3しばらくするとかさぶたが剥がれ落ちます。



クリオ3.gif









液体窒素の跡は、脂漏性角化症の残存部が残っているので、うっすら黒いのですが
ボコボコした隆起がなくなり、スッキリ見えます。
男性の場合、ここで終了となる肩がほとんどです。






女性も、多くの方が、「あとはメイクで隠します」と言われますが
もっと白くしたい場合はQスイッチルビーレーザーで、取るかどうか、となります。
(相談になります)





液体窒素治療は、来院時その場でできます。
保険点数3箇所まで220点(3割負担で660円)の施術料です。

























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:15| しみとりレーザー治療