2018年11月05日

いけばな新作。舞台は完璧です。



嵯峨御流・吉田泰巳先生がいけばなをいけに来てくださいました。





IMG_8571.JPG






今日の花器は先生が持ってきてくださいました。
兵庫県いけばな展でも使用された、
素焼き風ですが、釉薬のかかった檜垣文の凝ったものです。







そこにユーカリをいけ、
緑のアンスリウムを添えます。




ユーカリを高く高くいけることで
まるで風を受けてそよいでいるよう。
後ろの屏風の水辺の景色に動きが加わりました。





IMG_1244.jpg







いけばなを足しすぎない、「引き算」の美学。
その効果が、屏風と掛け算となり劇的な美しさとなりました。






IMG_8579.JPG







素晴らしい!
先生、今日もありがとうございました。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:14| いけばな吉田泰巳先生の世界