2019年02月09日

低温やけど注意報 第2弾。




急な冷え込みで、初春の陽気に気持ちが緩んでいた私は
ついつい電気毛布の設定温度を強めてしまいます。



眠るときに暖をとるのに、最も肌を傷めないものはなんでしょうか。



室温そのものを上昇させるには

エアコン、暖炉、ストーブ、石油ヒーターなどでしょうが

関西の都市部では、規制や火災を配慮するとエアコンになるのではないでしょうか。




エアコンの欠点は電気代が高いことと、湿度が下がってしまうこと。
湿度の低下は乾燥肌を助長しますので、
乾燥肌で皮膚科で保湿治療をされている方なら、加湿器を併用するといいでしょう。







次に、布団を温める方法では
電気あんか、電気毛布、湯たんぽなどが考えられます。



電気毛布は、私も愛用者ですが、
大変心地いいのですが、かなり手足は乾燥します。
私の膝下は粉がふくくらいに乾燥していますふらふら

しかし山間部に住む私には、電気毛布なしでは冬を過ごせません。
患者さんには、保湿をしっかりと、とお伝えする私ですが
面倒で、カサカサなまま放置していて、夏になるのを待っている状況です雪








電気あんかは、都市部の、気密性の高いマンションなどでは
ちょうどいいかもしれません。
過度に乾燥することもありません。






湯たんぽは、電気消費がゼロでエコの時代もあって
昭和以来の大ブームだそうです。

しかし、湯たんぽのリバイバル以降、爆発的に低温やけどが増えました。
本来の湯たんぽの使い方は、寝る前の布団を温めること。
温まったら布団から取り出すのが正しい使い方です。




今朝も芦屋市内、冷え込んでおります。
そろそろ開院の時間。


雪はありませんが、お気をつけてお越しください。



image1.jpeg






















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:03| 湿潤治療・ケガ、やけど