2019年04月06日

肌の声を聞いてみて。




皮膚の状態を悪化させる要因は、
ご自身の生活習慣の中に理由があることも多いようです。



特に多いのが、衣類の選択ミスや、過剰な体の洗浄。
デリケートな肌の人には、一般の人が大丈夫な繊維でもNGになります。
また、そんなにきつく垢落とししなくても、大丈夫です。






乳児湿疹の場合
 化学繊維の衣類は、顕微鏡で見ると鋭いトゲが出ています。
 首や関節は特に、それらの素材が強く当たる部分なので、増悪します。

 また、抱っこするお母さんの衣類や、抱っこ紐の素材が原因になることもあります。



デニム、ジーンズの愛用者
 男性の場合は、素肌にジーパンのボタン金具の裏側が当たったり
 ベルトのバックルで金属アレルギーを生じることも。
 下着をインしてジーパンを上に履くと、少しましです。

 女性の場合、股上(またがみ)が強く食い込み、生理用品が擦れて
 陰部にかぶれ現象を起こす方が多いようです。
 ふわっとしたゆるゆるパンツや、スカートスタイルにすると軽快します。
 強めのガードルが好きな人にも、同じ病状が生じがちです。


ナイロンタオル常用者
 言うまでもなく、有名な「ナイロンタオル皮膚炎」を生じます。


爪を立てた洗髪
 皮膚を剥がすだけなので、重症化します。
 髪を濡らした後に、泡だてたシャンプーを乗せるようにして洗ってください。





「肌が悲鳴をあげないように生活していただく。肌の声を聞く」

肌の弱い人にお願いしたいことです。





写真は、去年頂戴したシンビジュームが、今年も咲きました。
去年は黄色かった気がするんですけど、
何ともたおやかな純白です。綺麗です。


IMG_6124.JPG











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:11| アトピー性皮膚炎