2019年07月06日

けがの多い1週間でした。








外傷ややけどの患者さんの多い1週間でした。



やけどは火の気の多い冬のものと思われがちですが
薄着になる季節には注意が必要で、
今週の患者さんの多くは
厚着をしていると防げる場所に発症しておられます。



夏だなあ、と思います。



57aaeadfcd8237f16139bfccb7adfd70_s.jpg






外傷は、外の場合は砂利などの混入を防ぐためにも
まずは外の水道蛇口の下で洗い流すことが望ましいです。


やけどは、保冷剤などで冷やしていただくのがいいのですが
水疱が大きい場合は破けないようにラップで覆ってから冷やすのも
良いでしょう。





お大事になさってください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:29| 湿潤治療・ケガ、やけど