2019年08月02日

膿む疾患が急増中です。



とびひ
 アトピー性皮膚炎がある方、
 あせもがひどい方が、掻き破る事でブドウ球菌などが感染して生じます。


水いぼが膿む
 治療していない水いぼも、この季節膿みやすくなります。


爪周囲炎
 靴が当たって周囲に食い込んだ爪の周囲が膿むことも多い季節です。


水虫が膿む
 乾燥型の水虫だった人にブドウ球菌などが感染し浸出液が出ます。


虫刺されが膿む
 蚊に刺された跡を描き破って細菌感染を起こします。多いです。





抗生物質の内服などで加療しますが、
元々、体力低下、免疫低下が引き金になっていますので
一番大切なのは安静にすること。

炎天下でのお出かけやスポーツなどが続くと
1ヶ月くらい治らないかたもおられます。




写真はお子さん用の抗生剤です。
短い期間の内服で済むように、
栄養をとって安静にしましょうかわいい




IMG_3525.jpg













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:23| その他のいろんな皮膚科疾患の治療