2019年08月03日

細菌感染の疑いがあるときは閉鎖型ではない湿潤治療を。




最近は、ネット情報などで
湿潤環境治療が綺麗に傷を治すことができる方法だと
広く認識されるようになってきました。


当院が積極的に湿潤環境治療を行うようになったのは
開業当時からですから、もう20年以上.


毎日のように来院される、ケガややけどの患者さんに
湿潤環境治療で診療してきました。



しかしながら、慣れた私でも、
出血や浸出液のある生々しい状況で、
いきなり閉鎖型の湿潤環境はしません。

細菌感染の恐れが無くなってからでも
閉鎖型にするのは遅くないからで、

それまでは軟膏とシリコンガーゼなどを
使用します。入浴も許可します。

そしてとても綺麗に治ります。





キズパワーパッドは閉鎖型湿潤環境治療材を市販品にした
画期的な資材です。


私たちが何十年も前から医療現場で使っている湿潤環境パッドを
小さな市販品として普及させたものです。


ただ、キズパワーパッドのホームページにもあるように
使っていい疾患には制限があります。
せっかくいい製剤ですので、軽い疾患に短期間使うように
するといいかもしれません。

詳しくはキズパワーパッドのサイトをご覧ください。
https://www.band-aid.jp/kizupowerpad/use











写真は当院で行う湿潤環境治療に欠かせない
シリコン製のガーゼです。
表示の通り未滅菌なので、
処置サイズに切り、滅菌パックに入れて
高圧滅菌機で滅菌してから使用します。




IMG_3526.JPG






でも、傷の処置は専門用語で言うところの
「準清潔」と「シャワー洗浄」で
大丈夫です。



























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:47| 湿潤治療・ケガ、やけど