2019年10月31日

もうすぐ移転6ヶ月。自己講評してみました。



5月7日に春日町に移転してきて、半年が過ぎようとしています。
率直にこの6ヶ月を振り返り、気づいたことを書いてみます。



1)診察はとても行いやすくなった。

 素晴らしい建物、とお誉めいただいていた前クリニックは、現在は、日本の医療界を引っ張る素晴らしい企業がオーナーです。そのような企業の建物としてはぴったりの名建築ですが、私のような一人医師にとっては実は診療室は非常に診察がしにくい環境にありました。

天井高が5mほどあったので、そのせいで様々な問題が生じていました。

・)声が反響して聞き取りにくいので、大声を出さねばならず、穏やかな診療になりにくい。
・)天井に埋め込んである空調のコントロールが難しく、夏暑く冬寒い。
・)とても広い四角い部屋なので、初めての患者さんが緊張してしまう。過緊張からの診察は患者さんも疲れる。
・)待合室から診察室までが遠いという苦情を何度も受けていた。


今の医院では、これらは全て解消されました。

・)大きな声でなくても届くので落ち着いた診療ができ、初めての患者さんも安心されているように感じる。
・)建物は、建造された頃から私が憧れていた総タイルの名建築で入居できて嬉しすぎる。
・)安い建材が席巻する前のどっしりとした工法で防音や熱遮断効果も高い。
・)元は2階にあったエステ施術部門を私の診察室の真横に設置したので、目が届きより連携は緻密に。
・)駐車場が目の前になったのも嬉しいことでした。2時間無料で対応できています。


2)現在のところ、まだまだ余力発揮できていない部分がある。

・)以前の医院で行なっていた皮膚外科手術の相談件数は、去年より減。同じクオリティーの手術ができる環境ですので、ご安心ください。
・)アトピー性皮膚炎を始め、一般皮膚科の相談件数は去年より減少。その分以前よりゆっくり診療できているのでは、と思います。かわいい
・)アクセスに慣れていただくのに、もう少し時間が必要かもしれません。自家用車での通院はとても便利になりましたが、徒歩の方、電車の方は、また、エレベーターがないので2階まで上がっていただくのに支障のある方にはご不自由をおかけしております。お電話くださると1階までお迎えに行っていますので、どうぞご連絡ください。




3)美容部門はご相談が予想外に増えた。

・)移転後は、以前に一度でも美容施術を受けていただいたことのある方のみ、美容施術をお受けしてきました。その理由は、ヒートマスク導入のベッド数が減ったこととでした。ベッド数とは関係のない、レーザーやボトックスやヒアルロン酸も、新しい地区の皆様にはご紹介を控えていました。
・)しかしながら移転以来、メディアでご紹介いただける機会が増えて、以前に施術させていただいたことのある方々が久しぶりにお手入れを再開されために多く戻ってこられました。
相談内容で多いのはヒアルロン酸注入、ボトックス注入、特にライトボトックスは好評です。そしてヒートマスク導入。移転前よりも施術の方の件数は増えています。
・)分析すると、今の医院の秘密めいた隠れ家のような立地がいいのかもしれません。



以上のような6ヶ月でした。
皮膚のことなら、頭皮から足の爪まで、診療しております。久しぶりに覗いてみようかな、という皆様、スタッフ一同どうぞお待ちしております。





IMG_2949.jpg









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:17| 医院からのお知らせ